予想通りだが予想以上に酷かったキン肉マン307話の感想

あの、さぁ・・・プロレスしてくれ、ジャスティスマン・・・

サタン様、ジャスティスマンに対して「ザ・マンの手下如きが私と対等な口を聞くつもりかゲギョギョ~」と今週も大物ぶった上、一方的に喋り続けてボコり続けたのにまるで効いていなくて癇癪を起こす。

更に「よーしここまでは肩慣らしだこの技を受けて見ろゲギョー!」と自信満々にフィニッシュホールドっぽい技を出したのに、ジャスティスマンにまるで効いてないぞ・・・ここまで小物ムーブをかますなんて思わなかったよ・・・

何でリングに上がったんだこいつ

しかしそんな対応をする正義も正義である。サタン様、今の所は五体を使った技しか出していないので本当にただただプロレスをやっているのである。マイクパフォーマンスもそこそこ豊富だし。

だけど相手がジャスティスマンだから全部台無しになっている。というか、ラスボス「」1話ほぼ丸々全力で攻撃し続けているのにまるで効いてないなんて展開、まず見ないぞ・・・ダークドレアムvsデスタムーアかよ・・・

まともに受け答えをせずに聞きたいことだけ聞いて言いたいことだけ言ってあとは無言で攻撃受け続けてノーダメージですからね、何なんだこいつ。前シリーズの戦いを経て、「偉大なるザ・マン」と呼ぶようになったり、「希望に溢れる未来の守護者」と宣言するのはとてもカッコいいんですけどねぇ・・・

いや、サタン様の攻撃がまるで効かないのも、ジャスティスマンがプロレスしないのも完全に読者の想像通りなんですよ?なんですけど、実際にそれを見せられてしまったらもうサタン様どうするんだこれって。サタン様、ラスボスと思われるのに今の所は威厳もへったくれも下がり止まりません。

今実体化しているサタン様が力のほんの一欠片とか、これもオーバーボディとか、とにかくジャスティスにまるで歯が立たないけど真の力はこんなものじゃないぞな展開来てくれ、頼むから!

未だに謎はてんこ盛り

ただ、読者もツッコミ所だったサタン様の突然の実体化について、ジャスティスマンも訝しんでいるようである。確かに、アリステラを処刑するならマリキータに邪魔はされたけど、口から杭をもう一回吐けば良いだけの話ですからね。

305話では「アリステラ、お前に制裁を加える為に実体化してやった」「依り代などいなくとも実体化できるが、依り代がいた方が効率が良いからしなかっただけだ」と言ってますが、ジャスティスが疑問を呈したことで、急にこの説明も怪しく見えてきた。いや、裏があって欲しい。でないと行き当たりばったりムーブが酷過ぎてラスボスとしての格が本当に今酷いことになってるので(汗

アタル兄さんが「奴ら」と言っていたのがいつまでも引っ掛かる。知性の神は「古い友人」と言っていたが、これも複数なら「友人たち」になるんじゃないかとも思うし。何故アタル兄さんは複数形で言った・・・?

個人的に、サタンと呼ばれる存在は複数いる可能性もあり得る気がしてきた。今リング状でデスタムーアみたいなムーブをしているサタンと、各陣営を封じ込める強力なバリアを貼っているサタンは別人なのではないかと。というかあれが同一の存在と思えないと言うか認めたくないですし(汗

もしそうならアタル兄さんからしたら「奴ら」でも、知性の神からしたら「サタンという古い友人」なので辻褄は合うし。今の感じだと、今いるサタン様もラスボスじゃなさそうというか、ここでジャスティスマンに倒されて新たな展開に行きそうですからね。多分我々の予想をまた良い意味で裏切る展開があるはず。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)