NARUTOのガトーとガトーカンパニー、今更だけどあいつは一体なんだったんだろうか

緊急事態宣言が全国に拡大とか、いよいよもって極まって来た感がありますねぇ・・・パチンコやゲーセンに都市から地方へ遠征している廃人、そうなると一体次はどんな行動を取るのか、ちょっと興味はありますがいい加減そういった連中はお家に帰ってくれ、どうぞ。こっちへ来るんじゃねぇ。

各社の漫画アプリが読み放題の作品を沢山用意したりして、家で過ごすのに合わせた対応をしていますが、特にジャンププラスはワンピースが二年後開始・ブリーチが破面編のラスト・NARUTOが第一部を全部無料で読めるようになっていて圧倒的ブランド力を発揮しています。

・・・だから今こそ、NARUTOにおけるある意味最大の謎、ガトーカンパニー社長のガトーについてツッコミが入るとおもっていたのに誰も彼に触れません。おかしいなぁ?皆ワンピを読んでるんだろうか。今更過ぎてアレなんですが、よくよく考えたらあのおっさん、色んな意味であの世界で浮きまくってるんですよね。

君、出る漫画間違えてるよね?

ガトーが登場したのは序盤も序盤の「波の国編」。色々な意味で見所満載の、序盤にやって大正解だったエピソードですが、これを提案した編集さんは優秀だなぁとつくづく思う。

戦う忍者が再不斬と白だけ、それも抜け忍なのは、いきなり第七班が他の里や国に喧嘩を売るような展開にならないような配慮で考えられたのかなとは思います、それ故に敵の親玉として登場したのがガトーですし。あの世界で国とか里とか一切関係ない立ち位置で、己の私腹を肥やすことしか考えてないクソ外道の敵っていうのは今から考えても特異ですね。

・・・しかし、しかしですね。だからって、何でガトーなんですかね。まず「ガトーカンパニー」って名前がおかしいだろ。「〇の国」「〇の里」っていう和なネーミングのあの世界観で、いきなりカタカナ8文字で「ガトーカンパニー」ですよ。「神羅カンパニー」なら漢字があるからまだしも、「ガトーカンパニー」です。一楽のラーメンだって一楽のラーメンなのに何でガトーカンパニーだけはガトーカンパニーなんだろう。

しかもカカシ先生、「あのガトー」って驚いてますけどその次に出てくるのが「世界有数の大金持ち」ですよ。超強い奴とか上忍とか世界一の大剣豪とかじゃなくて、「金持ち」ですからね。敵は忍者じゃなくて金持ち!斬新が過ぎないか。その後すぐに超強い奴枠で再不斬が出てきましたけど、ガトー自身はただの金持ちです。武田観柳かお前は。

極めつけにその出で立ちがですね、どう考えてもこいつは出る漫画を間違えているんですよ。ハンター×ハンターかブラックキャットにでも出ていれば何の違和感もないんですが、NARUTOの世界でグラサンにスーツとネクタイで足組んで椅子に座ってるおっさんって何かが間違ってる気がしてならない。扉絵とかアニメのEDとかでそういうの見たけども、木の葉崩し後の葬式でも喪服はスーツじゃなかったぞ。あの世界でスーツはそれ位おかしい服。

ザ・マンも足組んで椅子に座ってたけど、あいつ装い自体は昔から何も変わってないしそもそも設定も含めて肉の世界で違和感のない服装ですからね。あのNINJAな世界で何でお前はグラサンとスーツとネクタイをしているんだという違和感が今更ながら凄まじい。

だけど誰も特に気にしてない影の薄いやつ

そう、今にして思えば、それくらいあの世界で浮いているのがガトーという男。だというのに、あの世界でも読者にも、異常に影が薄い不思議な存在。まぁガトー自身の出番が少なすぎて、敵側のメインは完全に再不斬と白でしたから仕方ない。

おまけにその後はガトーのガの字も出ず、ガトーカンパニーなんて最初からあの世界に無かったかのように存在が忘れられていますからね。結局波の国編だけでその存在は終わった男、ガトー。ある意味、それ以上出て来なくて作品的には正解だったわけだが、たった数巻で奴は見事なまでにあの世界で浮きまくっていたと、今では思うのです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)