ゲッサン2022年2月号 からかい上手の高木さん・ツバキ 感想

アニメ3期も始まりました「からかい上手の高木さん」が目印の今月のゲッサンは、高木さん17巻と元高木さん15巻と同日発売でございます。ウタカタノミナトが今月号で最終回を迎えました。寂しいですな。

アニメ情報は高木さんは高橋李依氏と梶裕貴氏の対談、ツバキは放送が2022年4月から開始であることや主要キャスト、メインビジュアル等が載っております。・・・早いな!?高木さん3期が終わったらすぐにツバキが始まり、ツバキが終わったら7月から歩が始まるということですよ、これから9か月はノンストップに山本先生作品が見れてしまいますな。

からかい上手の高木さん

表紙に加えセンターカラーでもある今回は「かいぐい」というエピソード。そういえばジュースを飲んでることはよくあるが、2人が下校中に買い食いって見たこと・・・ない?

扉絵の通り、季節は秋。石焼き芋の屋台なんて大人だって心惹かれるのに中学生が抗えるわけがないのである。私もつい数日前に抗えなかったからね、石焼き芋の屋台に。西片君が涎を垂らすのも仕方がないことだ(トリコみてーだなとか思ってしまった

ただ根本的な所で真面目な西片君は、買い食いが校則違反なので空腹ながらも逡巡してしまう。このクソ真面目西片君がーっ!高木さんと2人でベンチに座って石焼き芋を食べる権利に比べたら校則なんてクシャクシャのポイだろうがーっ!!

まぁ、結局はただ西片君と買い食いがしたいという高木さんの純粋でかわいい意志の前では、そういう微妙な西片君の思考は無意味なわけなのですが。そして2人は罪悪感から来る買い食いの美味さを知り、一つ大人の階段を登ったのである。

・・・ところで、生活指導の先生が2回来たので、お互い1回ずつ相手の芋を取ったわけですが。最終的にその芋、間違えてないよね?この後、どっちが最初に自分が持っていた芋か当てる勝負が始まったりしたのだろうか。

くノ一ツバキの胸の内

ツバキ・リンドウ・モクレンの3人でマターリとお茶を飲みながら談笑している所に、亥班のアオギリがこんにちは。里に戻って来れたのか・・・

見てくれの通り、眼帯+帯刀という一際特徴的な見た目な上に、殆ど笑うことがないアオギリは下級生に懐かれないという評を班の2人から受けて結構気にしちゃったらしい。ふわーっとしてるモクレンの笑顔は理想的だと思いご教授を願うのだった。うんうん分かるよ、マイナスイオン絶対出てるよねモクレンからは。

色々3人が付きっきりで練習した結果、モクレンからはお墨付きをもらったアオギリでしたが、ツバキとリンドウは浮かない顔・・・多分だけど、アオギリが下級生に懐かれる日はそんなに近くないだろうなぁ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)