からかい上手の高木さん 17巻 感想

アニメの3期も放送が開始された「からかい上手の高木さん」の第17巻が1月12日に発売されました。表紙は「ボタン」で西片君の袖のボタンを縫い付けている高木さんが目印。

今日もいつものからかいライフwith浜口君と北条さん

17巻に収録されているのは「ひみつきち」「推理ゲーム「NGワードゲーム」「気遣い」「おすそわけ」「男の背中」「誠実さ」「力の使い方」「ボタン」の9本のエピソード。毎月ゲッサンで感想を書いているので、こちらでの紹介は簡潔にしておきます。

「ひみつきち」ではたまに出る子供っぽいはしゃぎ方をする高木さん、「気遣い」では「お悩み」のお返しの如く西片君が返りにくい様子を察する優しさが見える高木さん、「NGワードゲーム」ではいつもと違う呼び方をする高木さんと、いつものように高木さんの楽しそうな姿とからかわれてぐぬぬな西片君が拝めます。

今巻で破壊力が高いのが「力の使い方」。鍛えた西片君の肉体が、良い意味で高木さんを守ろうとして発揮されますが、そうしたら高木さんの反応は勿論・・・?でもって「ボタン」は表紙の通り、高木さんが西片君の袖のボタンを縫うお話ですが、顔が赤くなくても高木さんにとって待ち望んだ機会であることが隠しきれないのが伺えるてぇてぇ回となっています。

そして「おすそわけ」は、今巻で唯一の浜口君と北条さんのエピソード。今回は北条さんがオフの姿の時に浜口君にばっちり遭遇してしまうお話で、イメチェンってレベルで普段と違うけど中身はいつも通りな北条さんと、そんな姿もアリと思うけどいつも通りヘタレな浜口君が拝めます。うむ、1巻に1話はあると嬉しいこの2人。

今巻も今までと変わらず安定の一冊。16巻まで楽しめている人には、17巻も楽しめること間違いないでしょう。