ゲッサン2020年11月号 からかい上手の高木さん・ツバキ その他感想

今月から私もkindleで読むことにしました。買ってるのがゲッサンだけとはいえ、毎月1冊ずつ溜まっていくので長年積もると結構な場所を取ってしまうのです。あとアンケートも出していませんからね。

からかい上手の高木さん

今月の1本目は夜にスマホを見ながら何やら驚いている高木さんが扉絵の「けっこん」。なんと、あの田辺先生がプロポーズに成功して、結婚するようだ。・・・じーまーでー!?元高木さんの頃にはすっかり既婚者で、そしてお子さんもいたのか田辺先生・・・

高木さんにも教えちゃろと電話をかけて、誰が結婚するのかなー?と勝負をもちかける西片君。田辺先生ではなく月本先生と答えたので勝ちを確信した西片君だけど、えちょっと待って、月本先生・・・?月本?

なんとプロポーズした相手はサナエちゃんのお姉さんの月本先生。サナエちゃんのお姉さんんんん!?田辺先生が義理のお兄さん、だとぉ・・・?あ、だから一人だけ結婚してないんだなぁサナエちゃん。お姉ちゃんが結婚したから自由にやってるのか。

勝負に負けた西片君ですが、しかしまた無自覚に高木さんの好感度を上げている。自分の方からLINEを送ろうとしていた所に、西片君の方から先に電話かけてきてもらえたんだから嬉しいに決まってるよねぇ高木さん。ホント無自覚にそういう所だぞ西片君。

2本目は「落としもの」。帰る途中に家の鍵を落としたっぽい西片君。家の鍵を持っているから大人っぽいって発想が実に子どもである。下手すりゃ幼稚園児でも持ってるからね。

察して探しに来てくれた高木さん、100%片想いみたいに家に誘ってくれるのかな?と西片君に言ったら違うと言われて「そうならいいのに」と答えたり、自分も鍵を見せて家に来る?と誘ったり、今日は何だかいつもよりずいずいと来る。西片君は顔に出る前に帰ってしまったけど、西片君に誘ってもらいたいのも、家に来てほしいのも本音だったようだ。

この回の高木さんは本音を言っているだけなので、実は一切からかっていない。けど本気を本気と受け取ってもらえない時もある、もしくは恥ずかしくて西片君が答えられない時があるので、意外と高木さんも上手くいかない時があるのは、最近の他の話でも見られるパターンで、本当に引き出しが無限にあって読んでて飽きないですね。

くノ一ツバキの胸の内

やってきました辰班。外見だけ見るとメスガキっぽいスズシロ、真面目そうな感じのヒギリ、下級生のハスの3人班。ハスのことをあまり知らないなぁとふと思い、スズシロはヒギリを説得して散歩に出掛けたハスを2人で尾行することに。

・・・が、意外にもハスは下級生ながらやれる子。バレバレの尾行をする2人に方位をくるわせる術を使って、完全に迷わせてしまいました。おぉー、下級生が上級生にここまでしてやったりなのは初めてのパターンでは?

しかしそこは上級生。ウマが合わないながらも協力すれば優れたチームワークを発揮出来るのがスズシロとヒギリの2人のようです。スズシロは勘で動いたりする所が大きいものの、そこを的確にフォローしてくれる人がいれば大きな持ち味となる子らしい。ウマは合わないけどスズシロとヒギリは良いコンビみたいだ。

結局、ハスは発見するも散歩の理由は分からず。でも、今はまだ知らない方が良いのかも。

味噌汁でカンパイ!

自家製味噌を使った従兄弟の子達との味噌汁会の日がやって来た。善と八重のお母さんも両方いて、更に二見先生も来た。・・・あ、これ二見先生が過剰供給で大変なことになる回だな?

葵君の肉じゃが味噌汁、肉じゃがの手順をちょっと変えるだけっぽいので家でやるのも簡単そう。先生のは・・・凄いな。これはちょっと思いつかないタイプの味噌汁だ。それでいて家庭科の先生らしい所が溢れてる。

そして善達のは合わせ味噌で七夕をイメージした味噌汁。視覚にも凝ってる所がポイントか。従妹の子ども達はちゃんと喜んでくれているし、これもまた食べる相手のことを考えて作ることですね。

もう3年生の夏という時間軸なので、二見先生もまた、善達といられる時間はあと少し。けど、これからも先生との縁は切れないだろうし、そして卒業するまでもしてからも、先生はこの2人を見て心が満たされるのでしょう。

スクール×ツクール

絶賛夏休み中。先生は盥に水を入れて足を漬け、更にソーラーバッテリーとUSB扇風機を組み合わせて秘密基地で涼むのだった。・・・大人がこういうことに全力を傾けるの、嫌いじゃないぜ!むしろ大人こそこういうのは手を抜いちゃいかんと思う。

そんな今回は屋上で天体観測。昼間は熱い屋上も、夜になれば涼しくなって寝転がれる場所。誰もいない学校の屋上で満点の空を見上げる夜、良いなぁー。そこに登場するのは今回のDIY、キャンドルホルダー。蝋燭の熱により発生する上昇気流でプロペラが回るので、それを利用したものらしい。夏はもう過ぎてしまったけど、これはキャンプの時とか、暗い夜中には面白そうなアイテムだ。

・・・で、そんな天体観測後、そのまま屋上で寝てしまった奈子。が、起きたら既にきずくがくつろいでいた。何と夏休みのほとんどは秘密基地で寝泊まりしていたらしい。いやこの子ならやってもおかしくないとは思っていたが、ここまで秘密基地を満喫するとは、先生に全く負けてない全力投球ぶりである。

次回はそんなきずくに密着するようで・・・確かに気になるよね色々と。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)