ゲッサン2020年12月号 からかい上手の高木さん・ツバキ その他感想

今月のゲッサンは秋らしい一時を放課後に過ごす高木さんと西片君が目印。流石の2人も寒くなれば自販機では暖かいものを飲むのである。なんか春夏のエピソードが多いからか、不思議と高木さんにおける自販機=ジュースという認識がありますねl。

からかい上手の高木さん

今回のお話は「交換日記」。今時の子ってやっているんでしょうかね?ただでさえ携帯電話とメール、そしてSNSやラインと便利なものがガンガン増えていって、わざわざ交換日記を毎日書く子達って昔に比べたらだいぶ減っていそうだ。

なんか高木さんに勝つ新しい方法を考えていた西片君は、高木さんの方から交換日記を提案されて秒で承諾。わはは向こうからからかう機会を与えてくれるとは可愛い奴め高木さん!とドヤっていた西片君ですが、これ恥ずかしいやつやん!?と帰宅してから気づく。いやもっと早く気づこうよ西片君・・・次の手段に悩んだりしてなかったらこんな反応しなかったろうに。

しかも高木さんの方から誰にも内緒だと言っていたのに、翌日登校したら中井君と真野ちゃんにバレていて西片君はこんらんしている!ほわー無しだ無しだ交換日記なんてー!!?と急いで教室に向かうと、高木さんから渡されたのは何か妙な記号の書かれたノート。

どうも真野ちゃんが中井君とやりたかったけど、2人じゃ恥ずかしいから4人でやることになったそうな。まぁ、きっと高木さんはわざと言わなかったんだろうなぁ、西片君のこの反応を見る為に。ここまでが前日からの盛大なからかいの仕込みなのは確定的に明らか。

・・・それとは別に西片君との2人だけの交換日記を用意している高木さん、ちゃっかりしていらっしゃる。中井君と違い、西片君なら断らないということも分かっているだろうし。真野ちゃんが中井君と2人で交換日記ができる日は来るのだろうか。

くノ一ツバキの胸の内

ベニスズメでお馴染み未班、本日は珍しくベニスズメが修行に付き合ってくれるのでトウワタはウキウキである。しかしウキウキ気分はミズバショウの罠に掛かったヒナギクの出現により水を差されるのだった。

なんか知らんけどキブシとオニユリにハブられているのであんな子ら知らないわ今日から私も未班!とのたまっているヒナギク、班長だよな君・・・?でもどういうわけかベニスズメは加入を了承。なにかに気づいているようだけど。

散々あんな2人はどうでもいいような強がりをしていたものの、もしも迎えに来てくれなかったらどうしよう・・・と、ガチ泣きを始めてしまったヒナギク。いや、だから班長だよな君・・・?

結局、キブシとオニユリがヒナギクを避けていたのはヒナギクをビックリさせたくて仕込みをしていたからのようで、ヒナギクが一人で勝手に誤解して先走っていただけなのだった・・・め、面倒くせぇーこの子!班長の中である意味でぶっちぎりキャラが立ってるよヒナギク。

それにしてもベニスズメは本当に周りもよく見えているし、何だかんだで後輩の面倒見も良いし、隠れて修行してツバキと互角の実力持ってるし、何だこの・・・なに?この子パーフェクト過ぎないか?

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)