どうしてお前まだ生きてるんだキン肉マン311話の感想

どうしてマリキータがまだ生きているんですか!?

心臓にあの杭が貫通していたのに、何であいつ生きてるの・・・タフとかそういう次元じゃないでしょもう・・・心臓が左胸に無いとかそういうことなんですかね・・・

しかもこれにより、サタン様は何一つ爪痕を残すことなく退場したことに。マリキータを退場させたのだけは良い仕事をしたと思っていたのに、それすら失敗してたとかマジで何をしに出てきたのあのゲギョゲギョ・・・庇いに入った形だからマリキータを狙ったものじゃなかったとはいえ、ナパームコンビネゾンでギャビホーッしたボロボロのマリキータすら殺せてなかったってどういうことなんですかサタン様・・・

私、あれだけ凄い結界を張れるんだからとてつもない力の持ち主であることを前提にここ数か月はずっと考察しながら毎週読んでいたのに、今回のことで「結界が凄いだけのポンコツ」と認識を改めなければならなくなったじゃん、どうしてくれるんですか。

いや、これまでの描写を考えたらあのテントウムシダマシの生命力が異常なだけな気もしてきたが(汗 でもここで退場じゃないってことは、まだ昆虫ギミックが残っていたらそれを披露する機会もあるのかもしれない。何にせよ、退場していないなら我々はまだこのハジケリストから完全に目をそらすことは出来ないようだ。

いざ往かんモンサンパルフェ

今週は各自がワープホールでモンサンパルフェの前に到着し、例の海が割れて歩けるようになった所で終わりの合間の箸休め回でしたね。

ジャスティスマンに同行したのはスグル・ミートくん・アリステラ・パイレート・アタル兄さん・ブロッケンの7名。長いこと横になっていたので忘れていましたが、パイレートマンって凄いデカいんですよね。250㎝超えのカナディと組み合えていたんだから当然っちゃ当然なのですが、この中で一人だけすっごいデカい。

意外なことにまだ動けるマリポーサとビッグボディ、ここで連れて行かれず。このまま退場ってことも無いとは思うが、墓場から戻ったら新たな敵と戦っていた2人が咬ませにされていた、っていうのは見たくない。この2人はどうなるんだろう。

・・・あ、そういえばこれから行くのって超人墓場か。じゃあこれまでに今シリーズで散った面々もいるんじゃないのか?その辺はどう扱われるのか気になる所ですね。特に生き残ったアリステラと彼に力を貸したオメガの面々、再会したらどんな会話が飛び出てくるかは見たい。

あとは何より、もしいるならディクシアとアリステラの兄弟の再会、でしょうか。あのデザイン、やはり最後にはオメガハンドが両肩に備わると思うしこのまま魂だけになっていたとしてもオメガの兄弟が会話する機会はあると思うし、何にせよ超人墓場という設定は色々と便利ですよね。

次の更新は三週間後。祝日もあるし、コロナのことなんかもあるからまぁ仕方ない。忘れないようにしつつ待ちましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)