9回目の大洗旅行は年始に行って来ました その3 1/5(日) えげつない朝食バイキングとあんこう鍋

前日の日記はこちら

大洗旅行最終日、この日はまず、泊まった水戸駅近くのホテル「アパホテル水戸駅北」の朝食バイキングから始まりました。予約の段階で、説明文には「ローストビーフの他、しらす・明太子・いくら等が食べ放題の朝食バイキング付き!」と書かれていたので、楽しみにしつつ朝を迎えたわけですが・・・

ドン!!

これですよこれ、バイキングの会場に行ったら海鮮コーナーに朝からこんな視覚的暴力と呼ぶべき光景が出迎えているわけですよ、何だこれは強すぎるだろうよ。

となれば、私も全力で迎え撃ちますとも。贅沢にしらす・いくら・明太子にそぼろ納豆、ローストビーフを盛りつけて、海鮮と納豆は白米で、ローストビーフは卵と一緒にパンに挟んで、朝からミニ海鮮丼とローストビーフサンドを食べました。強い、強いわこのホテル・・・私はうっかり忘れてましたが、野菜のコーナーに地元の野菜が沢山並んでいるのでサラダをがっつり食べて栄養補給したいというニーズにも応えています。

しかもこの朝食付きで1泊5,100円とかいう安さだった。夜に一旦大洗を離れる必要があるとはいえ、それを差し引いてもこの朝食のクオリティは異常。大洗ホテルやシーサイドホテルとも真正面から張り合えるほどですよ。楽天トラベルで茨城のホテル第2位というのも頷ける。大洗や水戸に来た人が朝から優勝したいなら、このホテルは超おススメです。またのご利用要検討ですな。アパホテル水戸駅北店さん、お世話になりました。

大洗で最後の優勝を飾る

御飯の後に準備して、駅から電車に乗って今日もやって来た大洗。・・・のだが、ぶっちゃけ前日までに粗方やりたいことはやってしまったので、ガチのノープラン。とりあえず1日目にどぶ汁鍋を食べたので、普通のあんこう鍋を食べる位しか思いつかなかったです。

言い忘れていましたが、2日目にきっちりお酒は購入して家に送っておきました。しかしプラウダウォッカは年末から2週間くらい供給が無かったらしく売り切れ。各店を巡って山郷のしずく(梅酒)・続撃破率120%(純米吟醸)・やればできる桂利奈(純米)を買いました。実の所、純米酒と純米吟醸酒の違いってよく分かっていない位には、普段お酒を呑んでおりませんが(汗

とりあえず適当に買い食いしていくことに。まずは今日も「甘太郎」さんで昨日食べなかった生キャラメル味を。スイートポテトよりは甘さ控えめらしいのですが、こちらも甘々で美味しいのは同じ。

更に「ウスヤ」さんで串カツを。いつもアリクイさん(豚玉ねぎ)と磯辺さん(鳥)しか食べていない気がする。でもこの2本美味しいから仕方ないね。

この時点ではまだ11時半ごろ。朝もバイキングだったし、まだあんこう鍋が腹に入り切る自信が無かったので、まいわい市場も行ったりしてぶらぶらしていました。

漁港に行ってみたらカモメが10匹くらい飛んできて固まっており、正月から何だか凄く平和な景色を見て和んだり。

・・・で、今回の旅行最後の優勝場所として選んだのは、個人的にいつも大洗では汎用性が高くてよく行っている「カキ小屋」さん。ここもあんこう鍋を1人前から、それも雑炊用の御飯と卵付きで1,900円から提供しております。最後の優勝なので、熱燗も勿論お供に。店によって本当に味付けもボリュームも値段もバラバラなあんこう鍋、カキ小屋さんのはかなり安い部類に入りますがどんなものかってデカっ、あん肝デカッ!?

1人前だから鍋が少し小さいのもありますが、それにしてもあん肝デカいな!?1人前でもこんな分厚いあん肝が3切れも乗っているなんて、カキ小屋さんのあんこう鍋も隠れた強者だぜ・・・

お野菜は他の店に比べたら少し小さい気はしましたが、このサイズの鍋ですから味がよく染みてあんこうも野菜もとても美味しゅうございました。通常のあんこう鍋の場合、あん肝は食べても良し、溶かして出汁の味を濃厚にしても良しで選択肢があるのが良い所。

・・・で、この分厚いあん肝3切れの内、1切れを丸々溶かしたこの粒々が浮かんでいるのもはっきり分かる位の濃厚なスープに、御飯と卵を投入して雑炊を作っていくぜ!

はい優勝。あんこう鍋の雑炊、それもあん肝をたっぷり溶かした出汁で作った雑炊なんて優勝に決まっています。美味かったぁ・・・(恍惚 最終日のお昼にここを選んでよかった。

その後は帰りの電車の中で食べる弁当を求めてカジマさんに行ってみたりしながら時間を潰し、少しだけまだお腹に入りそうだったので「たかはし」さんでみつだんごと甘酒をこの日ももぐもぐ。そんな感じで今回の大洗旅行は終わりました。

ちなみに大洗駅の改装はまだ続いているようで、今度は西側のエリアが工事中になっていました。・・・本当に、アニメやドリタンの中の大洗駅は、過去のものになるのでしょうね。

やっぱり冬の大洗は最高だった

ドルフィンに行けなかったこと、生しらす丼を食べ損なったことだけが心残りですが、あんこう鍋とどぶ汁鍋、あんこう尽くし、浜の湯さん、そしていつもの食べ歩きと、2つの磯前神社への参拝。やりたいことは沢山出来たし、食べたものはどれもこれも美味しくて、今回も大満足の大洗旅行となりました。

あんこうのシーズンが終わるのは3月一杯。2月から3月にかけては確定申告があるので動けなくなってしまうことを加味すると、何とかそれを避けた土日にでも、また1回はこの冬の間に行ってみたいなと企み中です。

冬の茨城はあんこう鍋はもちろん、とも酢・唐揚げ・あん肝等々、あんこうを使った料理全般がシーズン真っただ中でどれもこれも絶品。シーズン中に行かないと絶対に後悔するから、行こうか行かないか迷っている人は、とにかく大洗に行きましょう!