ゲッサン2021年11月号 からかい上手の高木さん・ツバキ 感想

今月のゲッサンは先月から連載の始まったあらゐけいいち先生の「雨宮さん」が目印でございます。高木さんのアニメ情報は高木さんと西片君以外の主要な子達や生徒のキャスト陣からのコメントが届いております。

からかい上手の高木さん

今月のエピソードは「ボタン」。登校中に西片君の袖のボタンが取れかかっているのに気づいた2人。裁縫道具もあるので付けてあげようかと提案した高木さんに対し、西片君は道具だけ借りて縫い付けたものの失敗。おとなしく高木さんに縫ってもらうことにしましたが、上着を着たまま縫うことになって距離が近い近いちかい。今回はそういうからかいで来ましたか。

高木さん、何で家庭科で使う裁縫箱でも無いような小さいソーイングセット持ってるの?まさかボタンが取れかかってることまで観察していたの?と少しだけ思ってましたがそんなことはなく、真野ちゃんが中井君の上着のボタンを縫っているのを教室で見掛けて、自分もやりたくなったみたい。

高木さんがめっちゃ恋する女の子な行動してる・・・しゅき・・・そして待ちに待ったその時が来て、内心めっちゃご満悦なのが分かる・・・そりゃそこまで顔に出てなくても、楽しそうだと西片君に気づかれるよ・・・しゅき・・・そしてこれが始まりとなり、その後は成長して、更に元高木さんになってもその度に縫ってもらう西片君・・・爆発しろ( っ ‘ᾥ’ c)クワッ

くノ一ツバキの胸の内

寅班のイタズラコンビ、イタドリとウメ。今日もフキにイタズラを仕掛けた結果、お約束のようなゲンコツを食らうことに。謝ろうとするウメに対してイタドリはお気楽で、イタズラっ子だけど2人の性格はちょっと違う様子。そこから年少組らしい子どもの口喧嘩に発展したら、イタドリのおでこの傷のことを口にしちゃって飛び出してしまったのだった。

傷が付いた原因が自分にあるとは言え、丸々2ページ掛けて悩んで謝ろうと決心する所に、ウメの性格がよく出てますね。対してイタドリは絶対そこまで気にしてなさそうな気がした。

実際、紆余曲折の末また傷が付きかねないことが起きちゃったけど、イタドリはむしろ傷のことは気に入っていて、無事に仲直り。そしてイタドリも歩み寄って2人でフキに謝りに行こうとしたけど、そこはイタズラコンビの為せる業・・・と、2人の仲の良さが凝縮されたお話でした。そしてフキは大変だなぁと思った。

来月のゲッサンはツバキが表紙&センターカラー&ビックリなお知らせがあるとのこと。これはもしや・・・高木さん3期であしたは土曜日枠がツバキになるのでは?もしくは高木さんや歩とは別に、ツバキも単独でアニメ化?どちらにせよこれは非常に気になります。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)