ゲッサン2019年12月号 からかい上手の高木さん・ツバキ・元高木さん・ユカリちゃん その他感想

第1巻発売ということで、今月は「大ダーク」が表紙&巻頭カラーで生ロボを頂きに行きます。特別付録に1巻の別カバーも付いております。「ドロヘドロ」のアニメ化情報も徐々に上がって来ていますね。

からかい上手の高木さん

今回は一本の掲載で「夕日」。2年のマラソン大会より後のお話のようで、あれから西片君はたまにランニングもするようになったらしい。腕立てだけじゃなかったのか、そりゃ体育教師になりますわね。

そして西片君は海岸まで走ったわけですが、海に行くと思っていた高木さんが家に帰ってから自転車で先回りして待っていたのだった。・・・ほう、自転車とばした、ですか。西片君と別れてから間に合わせようと頑張って漕いでいる高木さんの姿が目に浮かびます。しっかり西片君の為にスポーツドリンク持ってくる優しさも忘れていません。

そして2人っきりで夕陽を眺める西片君と高木さん。爆発しろ!!

スクール×ツクール

季節は早くも夏になり夏服に。ジャージを履いていたきずくもゴーグル以外は普通の女子高生な外見になりました、これはこれで良いけど惜しいような気もする。

今回はきずくのDIYではなく、奈子一人でのDIY。前に作った即席ベンチを、蓋付きの入れ物も兼ねたものにしようと色々考えながら試して頑張って改造します。こういう試行錯誤して物を作るってのは読んでいる側も楽しいですね。

そして一旦は完成するも、更なる改造を思いつき実行。背もたれを追加したベンチでくつろぐ様は女子高生とは思えない貫禄に満ち溢れている。尚当人は凄く恥ずかしい模様。

最終的にきずくの協力でパーフェクトな完成・・・と思いきや、とある罠が待っていた。うむ、こうしてガンガン次から次へとやっていくと、最初の方に考えていたこととか忘れたりプランからかけ離れたものになったりするからね、気を付けよう。

味噌汁でカンパイ!

季節はGWの少し前。既に万里は塾の強化合宿で予定が埋まっていて、善達も進路を考えなければならない時期になりつつあるのを認識させられます。

そんな今回の味噌汁はカニカマと揚げ麩のお味噌汁。材料を揃えたら入れるだけとシンプルながら、カニカマの風味とその汁を吸った麩が美味しいようで。腹が減りますね。

少しずつ良い雰囲気になっている万里と一之瀬さん、ではなく一之瀬さんと善という意外な組み合わせがメインの今回。どちらもまだ進路に悩んでいる身ですが、善は後悔しないのではなく、納得できることを選びたい様子。

昔と違い自分に対してもそこまで話をしてくれた善に対して、一之瀬さんも思う所があった様子。そして善の言ったことは、どうやら彼女の進路・・・と、万里との関係にも影響を与えた様子。善と八重のことは勿論のこと、この2人も気になりますね。

くノ一ツバキの胸の内

今回は丑班。上級生のシオンとスズラン、下級生のアジサイの3人班です。この組み合わせの班は他にもいくつかありますが、丑班では上級生2人によるアジサイへの甘やかしがアジサイ本人からしたら過剰なレベルのようです。

このまま甘やかされ続けていたら駄目になってしまう!という凄く羨ましい状況だけど至極まともな思考に行き着いたスズランは逃走し、2人が甘やかさないような一人前のレディになる方法を考えるのであった。

( ^ω^)・・・まぁこういう場合、手っ取り早く強い奴倒せば俺スゲー!ってな感じになると考えるよね。子どもの発想と言えば子どもの発想なかわいい安直な結論ですね。(そりゃかわいいかわいい甘やかしたいって思うよねシオンとスズランも)そんなわけでツバキに勝負を挑んだアジサイでしたが・・・?

うん、こりゃ甘やかされる日々は今後も続きそうですね。

からかい上手の元高木さん

7巻発売ということで出張掲載のセンターカラー。お母さんとちーに頭を撫でられているお父さん西片君幸せだなぁ。このセンターカラー拝む為に今月はゲッサン買っても良い位です。

そんなわけで家族3人で頭を撫でるというお話・・・なんだけど、逆じゃない?普通お父さんとお母さんがちーを撫でるよね?逆じゃない?と、ちーがお母さんとお父さんを撫でる。でもその後は勿論ちーを撫でる。幸せだなぁ西片家は。

・・・そして重要な、お父さん⇔お母さんの間の撫でですが・・・お母さんがお父さんを撫でる状況は想像出来ますが。出来ると、思いますか?お父さんに?お母さんの頭を!撫でることが!?

・・・見てみたい。凄く見てみたいですね。お父さんは顔真っ赤になってるでしょうけど、撫でられてるお母さんが顔に出さないでいられるのか、すごーく気になります。

恋に恋するユカリちゃん

今回は「スポーツテスト(2年生)。」原作の「リベンジ」ですね。まぁユカリちゃんの成績は言うまでもなく。そしてサナエちゃんは・・・何かもう分かんねぇな。スピンオフのギャグ補正を受けて、もはやよく分からない存在に近づいているような気さえする。

そういえば息を吹きかけたり、クラスメイト達の面前でいちゃついていましたね西片君と高木さん。あんなのをユカリちゃんが目撃したら刺激が強すぎて爆発してしまうではないか!

そして名前もはっきりしたので、今回からこちらでも鷹川すみれちゃんがガッツリ絡んでくるようになりました。そういえば彼女は1年生の時のスポーツテストでも一緒だったから、ユカリちゃんが気づくよりも前からこの2人を眺めていたんだろうなぁ。そろそろ一回彼女メインの話が本編で読んでみたい今日この頃。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)