サタン様が残念過ぎたキン肉マン309話の感想

サタン様・・・お前、お前さぁ・・・

まさか奥の手が憑依だったとは、それも憑依を奥の手としてやろうとしたのが「ゲギョゲギョー!こいつ先週の回で天秤傾いたから罪の意識があるから憑依できるわ!俺勝ったわゲギョギョー!」という正気を疑う理由って・・・出来るわけねぇだろ!そいつの名前言ってみろ!

真面目な話、前シリーズの頃の始祖であれば金銀とシングマンを除けばジャスティスマンは金銀兄弟を死なせてしまったことへの負い目、それ以外は変貌したザ・マンを見て見ぬふりをしていたことへの負い目があるので憑依出来ただろうと思いますが、今のジャスティスマンに憑依出来るわけがなかろうて・・・何が大魔王じゃ、お前なんてもうただのアホで十分だよサタン様・・・

プロレスやれって言ってるだろうが!

サタン様が倒立からの両足蹴りでホールドから脱出して、そのまま倒立しながら「ゲギョゲギョどうだ俺のパワー凄いだろ!」って言ってるのにその台詞遮って無言で蹴り飛ばすってだからお前プロレスやれよジャスティスマン!そんなんだから塩試合マンって言われるんだよ!最後まで口上言わせて普通に立ってから仕切り直す流れだろうが!

この戦い、本当に最初から最後までサタン様とジャスティスマンと徹底的に噛み合わないのに、双方が真剣だから終始シリアスな笑いになっているんですよね。実力的には肉世界の限りなく頂上に近い戦いのはずなのに、こんな笑うしかない戦い今まであっただろうか。

しかしさっきも言ったけど、それに対して憑依しようとするサタン様もサタン様である。ちょっとだけ憑依が成功しそうな様子を見せてジャスティスマンも我々の望んでいる反応をちょっとはしてくれたかと思ったら、体に入っている途中のサタン様を引っこ抜いて延髄切り食らわすというやっぱりな塩対応。つか本気で呆れてる感じがしますねこのサタン様の行動には。

憑依失敗後に天秤が傾いているのも、「サタン様を放置し続けていたことの罪悪感」と言ってますが、「アホくさ。何で私はこんなマヌケを今までずっと放置してたんだろう。自分にギルティーッだわ。」っていう呆れた感情も確実に混じってそうな気がする。

というか、ジャスティスの攻撃がどれもこれもキレの良いツッコミにしか見えなくて、お前ら何でプロレスじゃなくて漫才やってるんだって気持ちになってきた・・・「憑依出来るわけねぇだろアホかー!」みたいな感じで。本当に何だこの2人。

そして待っていました、完璧・陸式奥義「ジャッジメント・ペナルティ」!煽り文にすら見放されたサタン様、満場一致、異議なしの有罪。ギルティーッ!!!で完全粉砕。両腕も両足も粉々に粉砕されているので、中にオーバーボディを着てすらいなかった模様です。嘘だろ、この体格でオーバーボディ無しとか・・・

完全に圧倒されて有罪判決を食らったサタン様。終わってみれば殆ど試合にならず、当初予想された通りにジャスティスマンが徹底した塩試合でサタン様を殺ってしまいました。試合前のビッグマイクが、これ程哀れに思えるなんて・・・それも現状のラスボス候補が。うん、まぁ何と言うか、お疲れ、サタン様・・・

来週からどうするんだよこれ・・・

柱を見る限り、これでもサタン様はまだ意識もはっきりしてるようですから来週また何か言うか、実体化が解けてあのもやもやしたのに戻るかするんでしょうけど、ここからどういう展開になるんでしょうか。

サタン様が何かを焦っている理由、今週は明らかになりませんでしたから来週その辺で何か進展があるのか。それとも、サタン様が実体化を解いてから再び実体化によって終わらない消耗戦をジャスティスマンに仕掛けるとか、そういう展開でもあればサタン様を見直すのですが、このまま今シリーズ退場となったら、もう本当に訳が分からない。

ともかく、1話丸々シリアスな笑いでギルティーッ!!!まで行っちゃった今週の肉。一応の決着は付いたので次回も楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)