記念すべき10度目の大洗旅行に行って来ました その1 ~朝から優勝とバレンタイン~

大洗よ、私は帰って来たァ!!

というわけで、今年の頭に行ったばかりなのに確定申告を前にして心身を高めるのと鮟鱇をまた食いたい欲に突き動かされ、記念すべき10度目の大洗旅行へ行って参りました。着くのが遅くなるのと金銭的な遠慮もあって、今回は夜行で東京→特急で水戸というルートで大洗へ。一応これなら特急内で寝れるし金銭的にも新幹線→特急より半分以下だし朝も9時過ぎには着く。自分的には妥当な所かと。

大洗駅前は遂に完全に立ち入り禁止の更地状態まで工事が進んでおりました。まさか何年も変わらずに人々を迎えてくれていたこの駅前が一時的にとはいえこのような姿になるとは・・・終わった頃にはどんな駅前になっているのでしょうね。

朝から早速優勝を決めていく

今回も早速エノキザワさんで自転車をレンタル。一泊するので最初から連日借りると伝えて2日分の料金を払って、2日分の足を確保しました。エノキザワさんは本当に助かります。

で、向かったのは海岸沿いのカキ小屋さん。ここホントにいつも利用していますが、朝も早いし海鮮の定食メニューも豊富な上に、カキに飽き足らず様々な海鮮や肉・野菜をテーブルで焼いたり蒸したりして食べることが出来ます。カキ小屋という名前に騙されてはいけません。もう迷ったらここで海鮮食べれば良い位には自分の中では信頼と安定のお店です。

今回の朝ご飯は先月食べなかった生しらす丼。生しらすと生姜にポン酢、この黄金のトライアングル、朝からばっちり優勝できる美味しさ。青さたっぷりの味噌汁と、小皿の佃煮2種類もウマウマ。贅沢極まりないモーニングー。

そして今回は、ここに焼き物コーナーから大洗産の穴子の蒲焼も同時購入!目の前で良い音と匂いを出しながらじっくり焼けていく穴子。十分な大きさをしていながら、これで1本300円という安価さも良し。手軽に1品追加する感覚で楽しめるのもここの良い所。

そこに0%の奴も口寄せし、朝から穴子を肴に0%の奴で優勝していく!何という贅沢、これこそ旅行でしか出来ない特権でございますよ。素泊まりプランで大洗に来ても、裏を返せば朝からカキ小屋で優勝できると考えればこれもまたアリアリのアリーヴェデルチ。大洗の楽しみ方は人それぞれありますが、私の朝の楽しみ方もそろそろ固まって来た感じですね。

バレンタインのイベントとバッティング

最初に言ったように今回は確定申告の直前に鮟鱇と温泉目的で行ったのですが、時期的にはちょうどバレンタインの前後。大洗では2月14日から16日までバレンタインの小さなイベントがやっており、そこに重なったので今回は少し予定を変えてそちらを回ってみました。

まずは磯前神社に参拝。おまいり、おまいり、なむなむだぶつ・・・天気予想ではずっとヤバそうな感じでしたが、当日になってみれば雲は多少あれど見事に旅行日和な晴れ模様でした。

今年のバレンタインイベントは、まいわい市場で会長・サザコーヒーで砂部・大洗シーサイドホテルでみほ・石福青果店で桃ちゃんのカードがそれぞれ貰えるというもの。サザコーヒーさんと石福さんでは500円以上の買い物で貰えるというものでしたが、まいわい市場とシーサイドホテルでは3日間限定の特別スイーツセットを食べると貰う事が出来ました。

まずシーサイドホテルさんの食堂がこちら、ショコラケーキセット。ガトーショコラとチョコケーキに苺と生クリーム、チョコフレークを添えたもの。実物は写真のイメージよりは少し小さめでしたが、2種類の美味しいケーキにドリンクも付いて600円というイベントを抜きにしてもお得なセットでした。

土曜と日曜は限定200食を用意という事でしたが、土曜の開店前には既に50人は優に超える列が形成されておりました。まぁでも食べてすぐに去る人も多く、意外と混雑もせずに私は海側でゆっくりしておりましたが。

・・・でも何でしょうね、シーサイドホテルのこのプールを見ると何だか落ち着かないのは。ドリタンのやり過ぎでしょうか(汗

まいわい市場さんはこちら、限定メニューのチョコレートパフェ550円。チョコアイス2玉にストロベリーアイス一玉をメインに、下にはバナナやパフ、上にはハート型クッキーとプレッツェルが添えられたパフェです。こちらも中々のボリュームがあって美味でした。アイスはすぐに食べずに溶かしてバナナとパフのソースにしても美味しかったです。

いつもとは違う買い食いになりましたが、この時しか食べられない美味しいものを食べられたので満足満足。というか大洗に来て午前中だけで生しらす丼定食と穴子とケーキとパフェを楽しむって、振り返ってみると今回の旅行、最初からフルスロットルに大満足し過ぎてヤバい一日ですね!?

次回の更新へ続く・・・