ボンバーガールの所感を書いてみる その13 リスポ埋めの攻防についておさらいする

なんとピックアップすり抜けで、唯一持っていなかったツガルを引けました。これにて現状の15キャラ全員が揃った。まぁリンゴもミサも無いからツガルはまだ使えないけどね!スマブレとラインボムも早く出るんだよ!!

使い方は状況を見て考えること

今日教わったことを復習。一つはレベル5ボムの即起爆。やり方は一つボムを置いたらその一つ隣のマスにほぼ同時になるようなタイミングで置けば、一つ目のボムと同じタイミングで起爆してくれる。ギガンティックをグリアロに変換されない為にはこれが重要というか必須スキル。

前に投稿した動画のラスト、あと1秒早く相手シロが3マスギリギリからこの即起爆をやっていたら恐らく捲られていたので、それを考えるとマスター帯では本当に習得しておかないと勝敗に直結する。CPUトレモで練習した方が良さそうですね。

ただしこれをやると確実に長時間スタンになるので、それが嫌なら少しだけ置くタイミングを遅らせると。すると無敵によって爆風を回避しつつ動ける。この2通りの起爆法を、状況に応じて見極めるのが大事だと。

シロなら一瞬で周囲焼け野原、クロなら一瞬で500どーん。シロのSUB即起爆は相手の回避タイミングも狂わせられるので上手いこと使えるようになりたい。

ボマーがシューターを相手するのは厳しいことが大前提

もう一つはタワー跡地でのリスポ埋めの攻防について。これは前から自覚もしていますが、今日自分がブロッカーを使った時、相方のアタッカーが自分より酷くリス開けにご執心だったので、色々と実感が持てました。

まず前提として、ボマーはシューターと、アタッカーはブロッカーと相性が悪い。何故ならボマーはシューターのスキルに対して有効な回避スキルが無く、アタッカーは掘り能力が最も低い為ブロッカーに埋められたら開けるのに時間が掛かるし、体力の多いブロッカーをすぐに倒せるわけではないからだ。

であるならば、出来ればブロッカーはボマーが、シューターはアタッカーが相手したい。ブロッカー目線だと、相手のアタッカーが正面を無視してリスポ地点で自分と付き合ってくれているだけで楽だ。その間はシューターがボマーを相手してくれるから。

そしてこれはブロッカー目線だが、自分が埋めに行った時に相手がどんな反応をするかを見て対応を変えるのも大事だと教わった。もし相手のアタッカーがわざわざリス開けの攻防をしてくれるタイプならば、積極的に埋めに行けばシューターとボマーが1対1の状況を作りやすい。上手く行けば相手は永久にベース付近まで上手く辿り着けなくなる。

逆にリス埋めに行ってもすぐに戻るようなタイプだとこちらも埋めたらすぐ戻らないとシューターが1vs2になってしまう。常に同じ行動をするのではなく、相手がいるゲームだということは常に忘れずにプレイしたい。

・・・あとは掘る時に次に開ける場所をあらかじめ考えた置き方をしてスムーズな掘りをする、だけど、これは座学でも家ボンバーマンでも積めることだからしっかりやっていこう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)