からかい上手の高木さん2 アニメ7話はアニオリ回でしたが今回も最高でした

予想の通り、1話丸々がアニメオリジナルの回でしたが、破綻することもなく、メインキャラは全員そこそこに出番を持たせつつ、そして西片君と高木さんはイチャイチャさせるというツボをしっかり押さえた構成だったので個人的には凄く満足しました。

この製作チーム、ホンマに有能

今回は「林間学校」。前回や前々回で準備の様子があった林間学校に行った1日目。冒頭は集合写真の撮影から始まり、撮った写真がアルバムの1ページに貼られているようなカットに変わったので、まさか・・・?と思っていたら、そのまさか。

まさかワンカットの横顔だけとは言え、元高木さんがアニメでも遂に解禁されるとは。それもアニオリエピソードの冒頭という予想付かないタイミングで。正直元高木さんを出すのであればそれこそ単体でのアニメ化か、2期の最終話かなと思っていたのでこれは本当に予想外でした。ちーの初登場も含めて、今後の登場もひょっとしたらあり得るのでしょうか。

OP開けは中井君と真野ちゃんも伴った4人での行脚から雨宿りで屋根の下に駆け込みいつものように勝負。ここで買ったお菓子の登場、って草シリーズ買いすぎだろ西片君、てか4種類もあるのか何だあのお菓子!?

見ずに食べてどのお菓子か当てる勝負に対して、「あーん」をしてくるとは油断ならんぜ高木さん。口を開けて向けてくるのは反則だって高木さん。そしてこういう時やけに艶めかしく口元を描くのがアニメである。魔性の高木さんとか言われそうだよ。

北条さんと浜口は、北条さんの作ったカレーを支持して食べる浜口を見て北条さんが嬉しそうな表情をしているカットがありましたね。原作の方だとまだここまで浜口に対して赤くなっている所は見せていないので新鮮でした。フォークダンスの最後に手を繋いでいたしこの2人は今回幸せそうでしたね。

対して高尾達は人数が足りず女子側に回らなければならないという不運。田辺先生が申し訳なさそうにしている絵面に草生えました。まぁ先生も同性だから女子と手を繋ぐのにドキドキする気持ちは分かるだろうからなぁ。

ベタなくらいでちょうど良い

そしてラストは、夜中にテントを抜け出したら偶然に同じ場所で出会って、先生に見つからないように体を寄せて隠れて、そのまま満点の夜空を2人で眺める西片君と高木さん。あーなんとベタ、いや王道的展開か。こういうので良いんですよこういので。

アニオリだからってあまりに妙な展開は不要。この2人はこういう王道なラブコメ展開であれば何であれ似合うのです。あれだけ体が近いのに、どちらからも手を繋ぐことも更に触れ合おうともしない関係だから良いのです。そして「西片と一緒に星が見たい」と嘘を言わない高木さんの可愛さよ。

正直今回の話だけでも十分に面白かったのですが、林間学校1日目の夜までで終わったので、ひょっとしたら来週も林間学校2日目があるかもしれませんね。主演の高橋さんもツイッターで「今回から」アニメオリジナル回と発言しているので、その可能性は高いでしょう。

何はともあれ、原作既読組でも予想が不可能なアニオリ回でここまでずっと面白いものを作って来ているので、何が出てきても来週も面白いに違いないでしょうね。

そしてEDは2人が見上げた夜空の光景そのまま、中島美嘉さんの「STARS」が流れました。ここで今までと違うEDにED曲とは本当に有能過ぎますねこの製作陣。