ASTRO BOT:RESCUE MISSIONを遊んでみた その3

12月中にワールド5まで実はクリアしていたアストロボット。残すはラスボス戦だけだったのですが、それをやれば終わってしまうという喪失感に抵抗があって、気づけばクリアまで数週間も開くことになってしまいました。

ワールド4と5も楽しかった、が・・・!

ワールド4はあの巨大ロボットがステージの一部にもギミックにもなるステージから始まり、空中の遊園地に火山と、シチュエーションが全然違うのはここに来ても変わらず楽しく進めていたんですが。4-4「クリスタルドクロの洞窟」、めっちゃ心臓に悪かったです・・・(汗

突然巨大な蜘蛛が壁を登っていくわ、初見殺しのトラップがあるわ、気持ち悪い小蜘蛛がいるわと、真冬なのに嫌な汗が噴き出て暑くなりましたよ・・・最後の脱出は元ネタのまんまって感じで楽しかったんですが、初見殺しの心臓への悪さ、蜘蛛の生理的嫌悪は、ボスも含めてちょっとワールド4は自分的に後半が評価を落とした印象。あの気持ち悪さがなければ・・・

ワールド5は天候が目まぐるしく変わる天空のステージで、嵐を抜けたら満点の空がゴールに待っているという爽快さ。5-2はルイージマンションみたいなデフォルメのお化けがいるホラーステージで、デフォルメされててもVRだとひじょーに怖かったです。

次の5-3は名前の通りがんばれゴエモンがモチーフなのか、和!のテイスト全開。最後の5-4は再び火山でしたが、4-3ともまた違った作りとなっておりました。そしてここのボスは巨大なサメだったわけですが、私的には前半のスクロールでカービィのアクロ戦を思い出しましたね。

遂にやってきたラスボス戦!

そしてワールド5をクリアした後、出てきたのは謎の渦とその中で笑う謎の影。おぉ何だか凄いカービィっぽい。渦の中に飛び込んだら、宇宙のどこかへワープしたアストロとプレイヤー。待っていたのは予想通り、OPでアストロ号を破壊しやがったエイリアンでした。

しかもこいつ、アストロ号の最後のパーツである巨大なVRゴーグルと、巨大なコントローラーで武装し、こちらのガジェットと同じようなものでアストロへ攻撃してきました。最終決戦は自分と同じ装備との戦いになるとは予想外。

そして遂に奴を倒し、アストロ号は元の姿を取り戻しました。・・・が、それはアストロと私の旅の終わり。分かってはいた別れ、しかし、しかし・・・行かないでアストロぉー!!そのEDの末はどうなったか、是非とも自分の目で確かめてみてほしいです。

そんなわけで、かなり牛歩な感じで遊んでいた「ASTROBOT:RESCUE MISSION」、最初から最後までプレイヤーを飽きさせない驚きと楽しみのエンドレスな、面白すぎるVRゲームでした。これは本当に、万人が遊ぶべき傑作ゲームです。

でもまだ収集要素とかは残ってます

が、本編をクリアしても、そもそもボットを全員救出していませんし、チャレンジミッションも全部出してないし遊んでないし、まだやれることはあるんですけどね。アストロ号で遊べるクレーンゲームもその一つ・・・だったのですが、ほぼ最初からEDまで貯めたコインを全部はたくことで、コンプリートすることが出来ました。久々に入ったらボット達が155体もいて、うーん何て幸せな空間。

そしてこのクレーンの景品、アストロ号の中に各環境のステージを再現するものだったんですね。多く集めれば集めるほど、敵やギミックが集まるので一杯遊べるようになる、と。まさか各ステージがアトラクションのようなものだったのに、最後は母艦がアトラクションとなるとは、本当にどこまでも驚きと楽しみを提供してくれるゲームです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)