ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP 麓キャンプ場編 感想&レビュー VRでなでしことわんことキャンプだ!

3月に「本栖湖編」が配信されたゆるキャン△のVRゲーム「VIRTUAL CAMP」の第2弾、「ゆるキャン△ VIRTUAL CAMP 麓キャンプ場編」が本日2021年4月8日より各種プラットフォームで配信開始となりました。

プラットフォーム事のご購入先は↑こちらから。「本栖湖」がなでしこ視点でリンと触れ合うゲームだったのに対し、こちらの「麓キャンプ場」はリン視点でなでしこ&わんこと触れ合うゲームになっております。

ゆるキャン△SEASON2の最終回からちょうど1週間後の配信という最高のタイミング、悲しみに暮れ魂が真っ白になってしまっていた難民達にとって、これが実質的な14話なのではないでしょうか。

なでしこは非常にVR映えする

ゲームの基本的な部分の説明は本栖湖編と同じなのでこちらを見ていただければ良いのですが、先述したように麓キャンプ場編はリン視点でなでしこと触れ合えます。キャンプ場もひじょーーーーーーに広い麓キャンプ場となったことで、本栖湖以上の開放感。

で、なでしこ強い子元気な子と言われるだけあり、このゲーム内でもなでしこはよく笑いよく動き、本当に表情がコロコロ変わります。本栖湖編のリンと比べてもこの辺は2人の性格の差が出ていて一目瞭然なのですが、なでしこのキャラクター付けはVRと非常にマッチしており、見ていて飽きません。個人的に、VR化してより魅力が増すのはなでしこの方だと思いました。

またシーンは短いですが、原作でも言及されている「本当に美味しそうに食べるなでしこを横で観察する」という貴重な体験もすることが出来ます。

更にこちらではなでしこが近くのキャンパーさんの飼っている犬と仲良くなって触れ合うパートがあるのですが、もふもふなわんこを気の済むまでもふもふ出来ちゃいます。VRで目の前でこっちに顔を寄せてくるもふもふのわんこ、ええぞ。

VR作品としては本栖湖編より「買い」だぞ

リン以上にVR映えするなでしこの隣で一緒にキャンプ出来、もふもふのわんこと触れ合える「麓キャンプ場編」。個人的には本栖湖編以上に満足度の高いゲームでした。今回はビューモードもスマホ版には最初から、PS4版にも翌日に追加された為、ほぼほぼ最初から好きなように観賞出来ます。

ビューモードの追加以外で更に要素の追加を考えると、夜になでしこと会話するとラジオからへやキャン△の主題歌が流れてきたので、本栖湖編にもこれを追加したり、権利的に難しいですが雰囲気に合うアニメのBGMを流せるようにして更に没入感あるVRキャンプにするとか。あと、視点がそれぞれ違う為、本栖湖と麓キャンプ場で着ている服を切り替えられるようになるのも良いかなぁと思います。

本栖湖編・麓キャンプ場編、個人的にはどちらも楽しめた自分としては、更なる追加や展開を望む所。残りの3人で行くVRキャンプも今後出たら良いなぁ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)