暮れて行く今年に何を思うか

今年もいよいよ明日で終わり。

長いようで短いような、

と言うと聞こえは良いですが、

自分の場合はこの1年は

かなり早く過ぎたと思います。

だってニート期間が7ヶ月もあったから。

今年が始まってから4ヶ月半も無職、

9月に仕事辞めて2ヶ月半また無職、

働いてない期間の方が長かった。

そりゃ怠惰に過ごした時間が

半年以上もあれば早いですわ。

とはいえ全くの無駄な一年だった、

かと言われるとそうでもなく。

あの5月~9月の仕事のおかげで、

労働観についての固定観念から

脱することが出来たし、

先月からようやく資格と経験が

活きる仕事に就けてこれが

何とかやっていけそうだし

職場も悪くないようだしで、

最後の最後に良いことがあった。

それらを差し置いても、

毎月のカオブレ対戦会をはじめ

遊びに行く時はちゃんと遊んで

一杯面白いことがあって楽しんだし、

自分が腐ることは無かった。

まぁ、何だかんだ言って

失敗かと思われる過程にも

全てに重要な意味があって、

それが毎年積み重なっていくことで

新しい年の自分を形作っていく。

無駄な経験なんてものはきっと存在しない。

最近はそんな風にも感じてます。

来年は仕事の繁忙期のみネックですが、

ブログの収益化を目指してみたり

家庭菜園も新しい野菜を植えたり

今年は縁の無かったコミケとか、

今年出来なかったことにも挑戦して

出来ることを増やしていきたいですね。

スポンサーリンク

フォローする