ガールズ&パンツァー最終章 第1話&第2話4DXとMX4Dを観てきました 10/19更新

やっぱり、4DXはいいぞ。

待ちに待ったガルパン最終章の4DXが公開されたので今日の昼から観てきました。11日は行けるのが終電ギリギリになってしまう難波、12日は台風来てたし家に篭もっていたので、今日まで我慢の子でした。

久々の4DXを一杯堪能した

1話の公開時点から色んなシーンが速く4DXで体験したいなーと思いつつ22か月。待った甲斐があったなという感じです。あと何だかんだで8月に2話のドルビーアトモスを観るの忘れてた為、2話自体を最後に観たのも3か月近く前だったので久しぶりの感覚です。まぁフィルム週に毎日観てたから内容はもう完璧に覚えているんですけどね(汗

いつも言ってる気がしますが、映像とリンクした振動や水、煙や匂いは本当に一体感が凄い。冒頭の砲撃から早速始まる振動によって引き込まれ、橋での包囲やボカージュ戦、知波単との池や追撃の戦い等でこれでもかと襲い来る振動と衝撃と煙で繰り広げられる戦車戦、もう素晴らしいとしか言いようがない。

1本ずつ観たら1200円の映画が、2本セットで4DXが付いて2,800円とは、正直安過ぎる。たった400円の追加料金で4DXで観れて本当に良いのですかと思いました。

そど子拉致やみぽりんvsムラカミ、ボコミュージアム等の日常パートもガンガン揺れるのに加え、劇場版にあった戦車ごとに異なる走行の振動も勿論抜かりなく。あと2話では機銃を使う場面が多かった為、今まで以上に首元に空気がプスプスプスプスと当たる時間が長かったですね。自分の鼻は諸事情によりそれほどよろしくないので匂いは正直分かりませんでしたが、久々に4DXと劇場で観るガルパンを堪能した2時間弱でした。

それと、通常のものから少し変更もありましたね。OPは1話のみしか流れないけど映像は2部、EDは2話の後にのみ流れますが、1話ver.だけ流して終わりかと思いきや、EnterEnterMissionもループが少し伸びて2話の映像に繋がり、最後は海上を走るサメチームとBC、そしてボカージュを走るサメチームとBCの後、ボコミュのボココースターを背景にタイトルが表示されて終わり、という特別仕様になっていました。良いですねこういうの。3話の公開後は1~3話までの全戦車が一緒に走るEDとか観てみたくなりましたよ。

・・・ただ、贅沢を言うとせっかくOP映像にも合わせて振動や風があったんだから、総集編のOPみたいにSEを付ければ良かったのになぁ、と思いました。曲だけが流れるOP映像に振動や風が付いても、物足りなく感じてしまったので。

まぁでも本当にそれ位しか不満が無い位、今回も大満足な4DX化だったので、ガルパンおじさんの皆さんも、忘れずにこの機会に劇場で体感しておきましょうね。4DX化を除いても、久々に劇場で最終章1話も観れる機会ですよ。

もしかしてBCの倒し方って・・・

で、1話と2話を続けて観たから何となく思ったんだけど、BCは自分達が大洗をはめた作戦で完全にやり返されてるんだなぁと。

偵察してくるのを読んで、ソミュアとARLをそれぞれ1輌ずつ残して八九式とP虎を足止めして、その間に計6輌が橋に向かって包囲をしたのが1話。そして大洗がその包囲から脱出して、P虎・M3・マークⅣだけを相手側から見える位置に配置して、撃ちあってもらっている間に同士討ちと包囲を行ったのが2話。

完全に包囲していながら1輌も撃破出来なかったのに、大洗をギャフンと言わせられただけで満足して余裕ぶっこいた挙句、知らない間に同士討ちして数が減った後に各個撃破されて全滅というマリーのアレっぷりが目立つが、そもそもとして。

よくよく考えたら、相手を偽の情報で騙して罠に嵌める→完全に包囲する、という所まではBCも大洗も同じなんですよね。でも戦果ゼロで逃がしたBCと違って、大洗は包囲しても逃がさずに1輌ずつ確実に撃破していき、最後はフラッグ車の逃げ道すら塞いで詰ませた。これは本来ならBCが想定していた勝ち方のはず。

そう考えると、9輌中5輌も最終的には撃破されたけど、相手と同じ作戦でやり返して全滅させている大洗はやっぱり他校から見たら恐るべき強者であり夏の王者で、相対的に他の学校が手強くなったように見えて、何も変わってないんだなぁと思いました。こんなのを相手に舐めプしたら負けるのも当然だ。

だからTV版の時みたいにギリギリの勝負になるんじゃないかな、と今までは思っていましたが、案外6vs9というこの状況からでも知波単に対してぐうの音も出ない勝ち方をしてしまうのでは?とも思えてきて、俄然3話が楽しみになってきました。

映画を観た後はお楽しみのフィルム開封・・・の前に

最終章1話と2話を観るとケーキが食べたくなりますね。というわけで帰りにケーキ屋さんに行きまして。カボチャのチーズスフレショートと、ケープオレンジの紅茶を頂きました。カボチャの甘味を活かしたケーキと、柑橘系の香りとすっきりした味わいの紅茶、うーん私服のひと時。

そして帰宅してからお楽しみ、特典フィルム開封の儀。今回は一枚の袋の中に2枚入っているようで、特典面もかなりお得感がありますね。

んじゃあ1枚目・・・あ、あれ?たらし焼き?おかしいな、このフィルムは先月大洗に行った時、道さんに寄贈したはずだぞ・・・まさかのフィルムだぶりだと・・・

しかし天は私に味方したぁ!1話の方はサンダース3人!大当たりである!結局2話の方のフィルム運は総合したら良くない気がするが、細かいことは気にするな!確かに澤ちゃんのフィルムは欲しいけども。

4DXのガルパン自体が二度、三度と楽しみたいものだし、こうして何が出るか分からないフィルムを開けるのも楽しいので、期間中にまた1回は行こうかな。

その後

日曜に今度はMX4Dでもう一回観てきました。朝一は人が少なくて良いですね。

4DXと比較すると、全体的には4DXよりも演出は抑えめかな?特に後半の機銃シーン、首のあたりに空気がぷつぷつと当たるのが4DXなのに対して、MX4Dでは砲撃の時の空気をぷすぷすと当てていて結構な違いがありました。

でも揺れはこちらの方が激しかったようにも思うし、要するに観たその時に自分が楽しめたなら、4DXとMX4Dの細かい違いなんてどうでも良いのです!私は楽しかった!

で、今回のフィルムですが・・・次のカットがウサギさんチームがお弁当食べてるシーンという、とんでもないニアミスのハズレを引いて軽くショック。でもまぁ、前に引けた大当たりのマリー様のピンも次のカットが澤ちゃん達がケーキ食べてる所だし、フィルムガチャなんてそんなものです。当たれば儲けもの、何が出るかを楽しむものですからね。もう一枚はポルシェティーガーで、普通に戦車の映ったフィルムなんでそこそこ満足です。