ゲッサン2019年11月号 からかい上手の高木さん・ツバキ・ユカリちゃん その他感想

アニメ2期でイヤホンを使ってあの演出のEDをやってから間もなくこの表紙とは、山本先生も油断ならぬお方である。放課後さいころ倶楽部のアニメ放送が始まったのに、アニメ終了直後に表紙を掻っ攫うとか高木さん凄いですな。放課後さいころ倶楽部は巻頭カラーです。

そして1巻発売のスクール×ツクールも含め、せっかくだし山本先生関連以外の作品のことも少し感想書いていこうかなと思います。

からかい上手の高木さん

一本目は「サビ」。内容的には表紙と直結しているので、扉絵が2本あるようなものでしょうか。扉絵の方は教室で高木さんが片方のイヤホンを差し出している構図ですが、アニメ1期のカバーソングコレクションのジャケットイラストを山本先生が描いたバージョンって感じで、シンプルだけどとても良いです。

あとページをめくった所の柱に「いい作品は、原作漫画もいいし、アニメもいいものなのです。」と書いてますが分かります非常に分かります、本当にそうですよね高木さんは1期も2期も最高過ぎて。

そんなわけで登校中に合流した西片君と高木さん、表紙のように神社に行って2人で片耳イヤホンで音楽を聴くことに。アニメでも見れた2人の片耳イヤホンからかい、山本先生が描いたのも見れるとかアニメ終了直後なのに幸せ過ぎるべ。

二本目は「タイプ」。100%片想いの最新刊を買いに帰る途中の2人。山本先生がここまで100%片想いの内容をびっしり描くのって珍しい。突然勝負を提案して負ける、何かいつもと違う様子の高木さん。・・・これはもしや?と思ったら予想通り、キュン子の真似をしていたのでした。アニメ2期でも、進級した日にやってたなぁ。わざととは言え、西片君の妄想ではない高木さんがこういう表情や仕草をするのはギャップが激しくて可愛い。

今月は「2期のアニオリを山本先生が描いてみたら?」という感じの二本でとても満足。どちらも少し違っててどちらも良いです。

スクール×ツクール

1巻が発売した女子高生のDIY日常モノ。主役のきずくちゃんが制服にジャージとゴーグルにツインテで一番ちっちゃいのに先輩というかなりの属性を盛った子なので刺さる人には刺さるキャラデザ。そもそもwogura先生の描く女の子自体が可愛いんだけどな!

前回で亜紀が近くで見張るという名目で加入したので、3人揃ったことで部の申請書を亜紀に書いてもらうことに。そのお礼としてイタリアンをDIYする・・・うむむどういうことだ?

何と今回きずくが作ったのはピザ窯。前回は100円ショップで買える道具で500円でBBQ、更に今回はピザ。腹が減るじゃあないの。毎回どんなものをどんな道具を工夫して作るのか楽しみな漫画ですが、「ピザ窯」というワードの強烈さは中々出てこないのでは。高校生が作るものということで予算的な面でも安いので、割と真似したくなるものばかりなんですよね。

何やかんや、学校でピザを炭焼きするという反則級のDIYは亜紀のご機嫌取り&DIY部創立記念のパーティーとなり、無事にDIY部は始動することとなりました。ちなみに実際に原作の田岡先生が作っているみたいですが、どこかで公開予定とのこと。

くノ一ツバキの胸の内

いつもと違って仲のいいアサガオとサザンカ。この2人の仲で思い出すのはウイキョウとキキョウ。というわけで、この2人がメインのエピソード再び。あれ程仲良しだったのにケンカをしているという信じられない状況。

というわけで、これを仲直りさせる為にツバキとリンドウがそれぞれ変化してお互いに謝ることで仲直りさせようという作戦に。あ、そういう方法もあったのか。実に忍者モノらしい。

味噌汁でカンパイ!

3年生になった善と八重達の日常も初夏に差し掛かろうかという日の朝、八重の家で何かが起こったようで・・・

その日、めっちゃ少女漫画脳で善と八重に尊みを感じまくってる家庭科の二見先生は八重に泣きつかれるのだった。自家製味噌にカビが生えてしまったらしい。八重本人にとっては一大事だけど、慌てない辺りは流石家庭科の先生だなぁ。

そんなわけで今回の味噌知識はカビの対処法。野菜作りとかと同じで、日々の経過観察をしっかりしていないと、こういうのは気づいた時にはえらいことになってる場合もありますから大事。そして気づいたら正しい対処をすることも大事。二見先生が頼もしい。そして善と八重の様子に悶えるギャップがとても面白いですこの先生。

恋に恋するユカリちゃん

今回は「むかし遊び」。ミナが祖父から古いおもちゃを沢山もらったので、それで遊ぼうという話。

竹とんぼやコマにお手玉にメンコあや取り、私の年代でもバッチリ分かる懐かしいと感じるおもちゃの数々。今の小さい子どもにとってはどうなんでしょうね・・・?ただ、枝で回す奴とかゴム跳びは知らない・・・これは地方によるものなのでしょうか。それとも私の年代以上に昔のもの・・・?

で、そんなおもちゃで3人娘が遊んでいる公園に、次から次へと現れる面々。意外にも竹とんぼを飛ばすのが上手い木村に物知りな中井くん、ユカリちゃんでガッツリ出番が来たのは初めてな気がする浜口と北条さんに我らが高木さんと西片くん。

更にケンジと日々野さんまでやって来た!キョーコちゃんでは久々の再登場どころか、山本先生の本編も含めてミナと日々野さんが会話してるシーンって初めてですね。というかヒカリと犬を除けば、ここまでがっつりキョーコちゃんと高木さんがクロスしたのも珍しいです。

最後は全員で大縄跳び。アニメ2期の終了直後という贔屓目を抜きにしても、ケンジと日々野さんまで登場の大判振る舞いに加えて、高木さんの主要な子ほぼ全員が一つの場に集まって共同で何かをする、というのは今まで無かったので、そういう意味でも新鮮で面白かったです。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)