The Last of Usを冬まで進めました ~ジョエルとエリーの関係の変化がエモい~

続編のPartⅡの発売日が来年の2月に決定し、PS4のリマスター版が今月PS+会員は100円で買えちゃう「The Last of Us」、通称ラスアス。前にテスが退場して地下駅から脱出した所までは進めていたのですが、それっきりだったしPartⅡもあと4か月で出ちゃうので、それまでに進めることにしました。

てなわけで木曜の夜と土曜は夏と秋を一気に進めて、冬までやって来ました。更に日曜の今日は時系列順にということで先にDLCのLeft Behindをクリア。難易度そんなに高くはしてなかったからか、アイテム作りまくっても素材が足りないという事態も起こらなくて割とサクサク。ただ結構くまなく探索してるつもりなのですが、工作レベルやサバイバルガイドは結構見落とししてるみたい。それでも特に困ってはいないけど。

疑似親子へと変化する関係がひたすら尊い

このゲーム、ノーティの技術の粋を詰め込んだ極限までに美しいグラフィックやクリーチャーの不気味さ、自然に飲み込まれ荒廃した建物や町の様子とか語られる長所はいくらでもありますが、やっぱりメインとなるジョエルとエリー、この2人に尽きますね。

最初は渋々引き受けた運ぶ荷物のエリーに対して、ジョエルも良い態度は取ってなかったしエリーもそれは同じで。どっちかと言うと、同性だしテスが生きている間はテスとの方がコミュニケーションは取れていた。

が、そのテスが割とすぐに死んでしまって、以後はジョエルとエリーの2人旅に。まだビルのいる町を出るまではそこまで良い関係でも無かった感じだけど、「頑張っている」と正直にエリーを評価したからか、車を入手した辺りから少しずつお互いに軟化したように思う。

ただそれでも、車を入手する時でさえ武器は持たせなかった。でもジョエル目線で言えば当然で、亡くした娘ほどの歳の子どもに人殺しなんてさせたくないに決まってる。感染者なら実は既に殺した過去はあるけども、そういう問題じゃない。娘がいた父親なら至極まともな感性だし、この点はジョエルが生き残る為に汚いことに手を染めてきた人間ではあっても、悪党の類じゃないってことの証明でもあったりするから好き。

恐らくジョエルは叶うことなら、最後までエリーに戦わせることなく旅を終わらせたかったに違いない。しかしそう甘くはなく、自分が追い詰められたことでエリーが殺人を犯して命を救われることになる。それに対してお礼を言わなかったのはまぁ、エリーからしたら何なんだこいつって思うけども、ジョエルからしたらエリーに人殺しをさせてしまった後悔もあるだろうし、殺人を褒めるなんて駄目だという思いもあったんだろうなぁ。あの時の会話の声の感じだと、エリーに手を汚させてしまった自分自身への嫌悪にも感じられる。

子の成長は早いもの

ただ、もう手を汚してしまったからか、その後すぐに猟銃を使わせた。ここから今までの全力で守らなきゃいけなかった庇護対象であるエリーが、背中を預ける相棒へと変わり戦闘に参加していくようになる。ジョエル=プレイヤー目線だと、この変化は戦闘が楽になる反面、諸手を挙げては喜べない気持ちになる。ジョエルは薄々はいずれその時が来ると分かっていたからか素早く頭を切り替えて生き残る術を教え始めた印象だけど、これは自身が20年も生き延びてきたこの世界のことをよーく知ってるからなんだろう。

・・・しかし、その後に出会ったヘンリーとサムに起こった悲劇的な結末のせいか、双方にすれ違いが発生してエリーは馬に乗って脱走する。追い掛けた先の民家の中で、お互いに気持ちをぶつけ合う2人。このシーンはジョエルとエリー双方の声の演技も、キャラの動きも含めて本当に名シーン。

もうジョエルと離れたくないエリーと、二度と目の前で娘を失いたくないからエリーを遠ざけようとしたジョエル。この時には既に、互いの存在がかけがえのないものになっていたことが分かる。

この後、1頭の馬に乗っての2人旅となり、他愛のない話を沢山したりサラの名前をジョエル自身が話の中で出したりと、本当の親子かのように関係が柔らかくなっている。この大学のキャンパス内の散策は、もう本当に尊みが溢れていてとても好き。

・・・しかし、それも束の間、ハンターの襲撃によってジョエルは瀕死の重傷を負ってしまう。エリーがほぼ一人で襲い来るハンターを殺してジョエルを連れ出したのを見て、本当に頼もしくなったと思う反面、もうこんなにもこの世界に順応してしまったんだなという悲しい気持ちにもなる。

だがそれはエリーがどれ程ジョエルを大切に思っているかということの裏返しでもあるし、だからこそエリーを操作するLeft Behindと冬では絶対にジョエルを助けなきゃって気持ちにもなる。ここまでプレイしてきたならエリーは勿論、ジョエルに対しても愛着がある。こんな所でエリーとの旅を終わらせちゃいけないって思う。秋のラストからLeft Behindにかけてはエリーはジョエルを助ける為に必死だが、それは我々プレイヤーの気持ちともシンクロしてるように思うのだ。

まぁ要するにだ

繰り返し言うけど、ジョエルとエリーの存在、変化していく2人の関係性。これこそが他のどの長所をも上回る、ラスアス最大の良さ。神ゲーは自分でプレイしなければ本当の良さが分からないと思っているが、ラスアスもそうだ。圧倒的な美しい世界やクリーチャーと生存者に対しての慎重&大胆な戦闘、少ないアイテムのやりくり等は確かに素晴らしいのだが、ここまでプレイした上で頭に浮かぶのはこの疑似親子のことばかり。

ジョエルを自分で操作するからこそ、エリーは勿論ジョエルに対しても強い愛着が沸く。プレイヤー自身が守りたい、助けたいと思える2人であり、実際に双方がお互いを助ける展開が待っている。このゲームデザインもまた素晴らしいものだ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)