第24回カオスブレイカー大会に参加してきました

気づけば10日くらい何も書いてないので、振り返るのも兼ねて土曜日のカオブレとデモブラの大会について書きませう。

土曜日だけど平日のように7時に起きて電車に乗っていざ京都へ。毎度のことながら京都へ行くのは時間が掛かりますな。

 

そして祇園四条に到着した後は、いつものように9時からやっているカフェ、ブルーファーツリーに。看板メニューの幻のホットケーキと、熱々のスキレットで出されるフレンチトーストがどちらも絶品で、毎回どちらを朝食にするか悩ましいのですが今回は最初から食べるものを決めておりました。

それがこれ。幻のホットケーキのトッピングメニュー「トリプル」。通常のホットケーキの上に小さなホットケーキ、更にその上に小さなホットケーキが乗った三段ホットケーキ。地味にバターも三段になっております。前回はフレンチトーストを食べたので、今回はいつもより多めにホットケーキを食べたい気分だったわけですな。バター・シロップ・生クリーム、三種の神器と一緒に食べたらもう最高のモーニングですわよ。

ちなみに、お昼は関東勢と一緒に京野菜のバイキング店に。野菜中心のバイキングって健康的で良いですよね。カレーも大きめに切った大根が入ってたり。持ち帰り自由なメニューの野菜の種も置いてあったり、内装も野菜尽くしって感じの面白い店で、もう一回来てみたいですね。モーニングも500円でやってるそうです。

何が聖獣だ!

さてさて、今回の大会はちょうど24人だったので、3人ブロック8つで2位抜け16人で決勝トーナメント、2位は先にトーナメント表に埋まり、1位抜けの人が自分の対戦相手を選ぶK-1方式。自分はながねぎさんには何とか勝てたけど、カレハさんにズタボロにされたので2位抜けとなりました。トロルなる自分を聖獣だと思い込んでいる害獣許さねぇ。そして決勝トーナメントの相手は、カオブレうまいマンことおはぎさんなわけで・・・ここで私の冒険は終わってしまった!最終的に、とうこじんさんが過去最高回数?となる優勝と果たしました。

・・・しかし、あとで当たる人の考慮等もあったとはいえ、自分が決勝トーナメントの相手選択で余りものになるとは。改めて、他の人からどういうプレイヤーだと思われているのか気になる出来事ではありました。

自分はどうも他の人がしないような行動も躊躇いなくするのですが、どれだけリスクがあろうとリターンが見込めるのであれば、どんな択でも自分の取れる行動の一つだとしか思っていないので、その時出来ることであれば何であろうとするのだと思います。

ラムダの立ち回りだけでも何かおかしい。ダッシュするんじゃないかと思ったら6Dを振り、飛ぶと思ったら2Cを置き、それどころかたまにジャンプキャッチスローをしたり、そして突然ガー不をぶっ放したりする。でもこれまでもリターンは相応にあったので、例え外れて手痛い反撃を受けても懲りることは全くありませんし、そこが自分の特徴であり弱みであり強みでもあるのでしょうね。

ちなみにカオブレの後のデモブラ大会は、前週にコーハツでもちょっと揉まれた上で投げコンを覚えたりして少しだけ準備を整えた上で望みましたが、やはりまだ自分には高いハードルでありました。しかし、何だかんだでちょっとずつ動きを覚えているので始めた頃に比べたら野試合も大会もちゃんと対戦になってはいるので、デモブラもまだまだ続けたい所です。

辛いけど美味しい、美味しいけど辛い!

で、今回の夜の呑み会はインド料理屋。インド料理屋ってa-choの目の前にもありますが、あそこで食べたことあるのはカレーとナンとスープ位だったので、タンドリーチキンを始めとする他のインド料理は初めて食べました。インド料理ってやっぱり辛いですが、この辛さが良いというのもよーく分かります。

そしてその辛さがラッシーやマンゴーラッシーの甘さを更に引き立てますね。ラッシーは単品で飲むより、辛いインド料理を食べながら飲んだ方がより美味しいということですか。

そしてインド料理と言えばカレーですが、ナンはチーズナン。実質ピザみたいなものですが、これ単品でもすっごい美味しかったです。わずかに残ったカレーはサフランライスでも頂きました。こんだけがっつりインド料理を食べたのは初めてですが、とても満足。職場の近くにもインド料理屋があったので、一度帰りに寄ってみようかなぁ。

改めまして、参加者の皆さん、主催のマサさん、呑み会のセッティングをしてくれた前パンさん、お疲れさまでした&ありがとうございました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)