【ドリタンDX】ルノーB1、反動加速で三次元の動きをする戦車だった!M3リーもそこそこ【ガールズ&パンツァードリームタンクマッチDX】

研究はまだ続いていたのであった。

パーシングの可能性を探るのも良いかなと思っていたのですが、ドリタンパークの例の場所を飛べる戦車を更に探してみるのも良いなと考えた所、そういえばルノーB1は旧市街のジャンプ台を反動すらも使わずに飛んだ重戦車だったことを思い出して、昨晩からB1で色々な検証を始めてみたんですが・・・何か、予想外の方向へ検証は進みました。

ルノーB1、まさかのとんでもない戦車でした。

滑りやすさの再現が異次元の性能を与えた

まずはこちらをご覧ください。前述したように、B1は旧市街のジャンプ台を何の補助も使わずに飛べる戦車です。ではそのB1が、砲2つを加速装置に使用したらどうなるのか?というのが今回の検証です。結果として、ドリタンパークの例の場所を反動のみで飛べることが発覚しました。

ちなみに無理そうに見えるマチルダも登板性能が高い為、乗員と反動だけで飛べちゃうのが判明しましたが、本筋から外れますので割愛します。


で、重戦車のくせに反動ジャンプでこんなに飛べちゃうなら、旧市街の中央にある斜面と階段を使えば凄いムーブが出来るんじゃないかと思って調べてみたら、何かとんでもないスピードでとんでもない距離を跳躍しちゃいました。

何でこんな、B1だけ異常な跳び方をするのかと思いましたが、色々考えた結果、最終章2話でもゆかりんが言っていた「B1の履帯は滑りやすい」ことを再現する為なのではと思いました。

使ってみると分かるんですが、ルノーB1って最高速は低いんですが、ブーストダッシュをした時の瞬間的な加速は非常に速い戦車なんですよね。それでいて、ブレーキが掛かるのが遅くてすぐに止まらず滑るんですが、これはつまり他の戦車よりも加速性能を高くすることで、他の戦車よりもブレーキに時間が掛かるようにして滑るのを再現しているのではないかと。

なので乗員やスキル、反動による加速の上昇幅が他の戦車以上に大きい為このような現象が発生しているのだと考えられます。そして着地しなければ減速もしない為、滞空中はあれほどのスピードで飛んでいき、着地してもすぐにはその速度は失われないのでしばらくの間凄まじいスピードで地面を滑走することが出来るのでしょう。

この、他の戦車を圧倒するB1の反動加速は、旧市街のマンション側の窪地に高台の斜面から直接侵入することも可能でした。それもスキルは使わずに。ローズセイダーですら検証した限りではスキルを使わないと侵入できないのに、B1はパンハイを温存したままあそこに行けるのです。

リボンの武者の真似をした大階段ジャンプもご覧の飛距離。途中の階段にぶつかることもなく道路の手前まで飛べてしまいます。着地しても加速はすぐには止まらず、そのまま転がって海岸まで行ってしまいました。

そして平地で一つ思いついた使い方がこちら。バックブーストをする瞬間に加速反動を利用することで、通常よりも高速なバック走が出来ます。見て分かるように、反動を使った場合は使わない場合よりもかなり速いです。おまけに正面には弾を2つ発射、うち一つは榴弾を撃ちながら後退出来るので、まるでこの為にあるかのような性能をしています。

更に、反動を使わないとポルシェティーガー以外の重戦車は行けないと思われていた、旧市街の高台の斜面を、斜面で角度を付けずとも道路からバックブーストすることで乗り込めることも分かりました。

このように、圧倒的な加速がもたらすバックブーストは、平地、斜面、どちらにおいても有効な使い方、というか、普段のルノーB1のイメージからかけ離れた機動性を発揮します。忍者戦法などと呼ばれている島田流すら目じゃないかもしれません。

ただ、検証して見た限りだとスキルか乗員の強化が無いとそこまで効果を発揮しませんでした。なのでこの仕様を有効に活用するのであれば、乗員3枠の内2枠は加速や最高速を上げる子の搭乗がほぼ必須かと思われます。普段使っていない人はともかく、B1をメインに使っている人なんかは中々変えられないでしょうね。

おフランスのルノーの車はすごいんご

車が加速で飛ぶって名探偵コナンの劇場版でも最後の脱出に使われたりしましたし、最終章でもここまでとは言いませんが、CVを利用してヘッツァーが飛んだようなのをもう一回は見てみたいなと思ったりします。

ともかく、旧市街のジャンプ台から始まったこの検証。最終的にルノーB1に凄まじい恩恵をもたらすという予想もしていなかった結果が出ました。もしも旧市街やドリタンパークでルノーB1を使おうと思った時は、この検証のことを思い出してみてくださいね。

その後、私の愛機も・・・

M3リーも2門同時に撃ちながらバックブースト出来ますが、B1みたいには滑らないのであれ程の効果は地上じゃ発揮できずすぐ減速してしまいます。ただ、普通にバック走するよりも瞬間的には遥かに速いのは間違いありません。↑の動画は乗員も乗せたものですが、ここまで速くなります。

そして滞空している間は減速しないという仮説が正しかったのか、強化した上での反動ジャンプはB1にも負けず劣らずの性能を発揮しました。B1のように道路からのバックブーストで斜面を登って高台へ侵入することも可能です。B1がおかしいだけで、同じく2門使えるM3リーにもかなりこの反動による恩恵はあるみたいですね。

ちなみにマンション側の窪みへ飛ぶ奴、あれから調べた所ファイアフライや八九式がスキルも込みで到達するのを確認しましたが、角度の付け方や発射位置がまだイマイチ定まっていないし行けそうなのを全部調べたら大変な時間がかかりそうなので現状はこれ以上は割愛します。

↑で、こちらがこの1週間で色々撮れた衝撃映像をツイッターに投稿できる動画1本分にしたものでございます。見所だけ見たい人はどうぞ。