【ガルパン】八九式の高速連射が楽しかった【ガールズ&パンツァードリームタンクマッチ】

ドリタン動画の「○○と○○が往くシリーズ」の投稿が50本目に到達。50本目と言っても何か特別なことをしたというわけでもなく、普通にいつものオンライン対戦の様子をお届けしてるわけですが。今回の戦車は八九式、車長はカルパッチョです。

下手な全体強化より長所一点張りが向いてる戦車

車長カルパッチョなので、当然乗員にはカエサルを。たかちゃんとひなちゃんの愛の巣、つまり「たかひな号」と名付けよう。同乗しているニーナとアリーナは泣いていい。

八九式は攻撃力は低いし、装甲は薄いし、足も中戦車の中では並か並以下。基本ステータスにおいてはぶっちゃけ褒めるべき点は無い。ただし、「弾を撃つ」ことに関しては優等生。砲塔の旋回が速い・装填が速い、クイックリロードの猶予が長い、と三拍子揃っています。そして数少ない榴弾を撃てる戦車。

ただでさえ基本ステータスが低い戦車な上、4人乗り戦車で乗員の自由もあまり利きません。中途半端な満遍ない強化より、装填速度を上げられるだけ上げてしまう方が良いと思います。クイックリロード自体の猶予も更に長くなり、1秒スパンでガンガン次の弾を撃てます。

徹甲弾戦車だと数撃ちゃ当たるが意味を成さないこともありますが、はっきゅんは榴弾戦車。地面に向かってバカスカ撃ちまくっているだけで、足の速い戦車も突破は難しくなります。爆風に突っ込めば履帯が切れますからね。

仮に切れずとも、通常時でもドリフト中に3発は余裕で叩き込める装填速度を持っているので接近戦も意外と出来る印象。↑の動画で今回色々見せ場があったけど、擦れ違い様に履帯を切って即ドリフト射撃で背面に叩き込んで撃破とか、ゼロ距離でお互いに履帯切れたけど相手に撃たれる前にこっちが2発叩き込んで撃破とか、T28が旋回してくる間に2発叩き込んだりとか、手数の多さは火力の低さを補って余りある。

初手でまず履帯を切る、という点において八九式はかなり強い。そしてその次、履帯を切った後にその状況を活かすということについても、手数のおかげで活かしやすい。重戦車相手でも履帯を切って接近戦に持ち込んでしまえれば、砲塔の旋回が追いつかない所へ間断なく撃ちこんでいける。

本家だけあってアヒルも被れるので、こっそり動くのもアリ。フラッグ戦ならフラッグの足を止めるのにも適した性能なので、戦える状況に持ち込めれば対フラッグ車性能も高い。

ぶっちゃけ、榴弾の雨あられを降らせる八九式はドリタンのゲームシステムにかなり合致した性能をしていると思うのです。M3リーと同じで、むしろこれ程の強みがあるからこそ他の性能が低くても納得のいく部分がある。

で、ここまでははっきゅんが1vs1で戦った時の話なので、実際には履帯さえ切れればそれで十分な状況も少なくは無かったりする。はっきゅんが危険を冒さなくても味方に攻撃してもらえば十分なことも多い。

あと12トンという重量はきっちり再現されていて、中戦車の中じゃ1,2を争う軽さのおかげで旧市街やドリタンパークでのジャンプも成功しやすいので、機動力もマップによっては意外と高かったりもする。

場合によっちゃ単純な一発の火力より手数が多い方が重要なこのゲームで、装填に極端に傾いてる上に榴弾を撃てる八九式は紛れもなくやれば出来る子。スキルを使えば更に速く撃てるようにもなる。面白い戦車なのは間違いありません。