原付に乗ってノープランに走ってたら宇陀市に着きました

4月13日の土曜日は春らしい天気だった上に、翌日は雨が降るという予報。桜をちゃんと見れるのも今日までになりそうだなと思い、久々に原付に乗って遠出してきました。

11月や12月に奈良の南の方や明日香村とかまで、特に何も考えずに2時間とか掛けて走っていたのですが、それっきりになっていた為そろそろ再開して色々足を運んでみようかなと。

で、今回も桜が綺麗かもしれない明日香村に行ってみようかと思っていたのですが・・・いざ走り出したらやっぱり明日香村はいいやと思い、ひたすら中和幹線を東へ東へ。

 

気づいたら榛原駅の近く、宇陀市まで辿り着いてしまいました。上本町から乗れる電車で準急の終点になっていることも多い榛原駅。河内国分や高田、八木でも降りずに乗り続けるとここまで走るわけですが・・・そうか、ここが榛原ですか。

流石に結構山の近くまで来たのもあって、割と田舎の風景であり、それでいてそこそこに町並があって、まぁ奈良県らしいと言えば奈良県らしい場所ですね。もし仮にここまで寝過ごしても大丈夫そうな町です。

せっかくノープランに来たわけだし、ノープランにリサーチも無くどこかでご飯食べようかなとぶらぶら走っていたら、本通りを外れた丘の上に手打ち蕎麦のお店があったのですが既にその日の蕎麦は売り切れ。「はぎ乃」さんというこのお店、かなりの人気店みたいで基本的には電話で蕎麦を取り置きしてもらった方が確実ということだそうで。今回ダメだったのでちょっと気になります。

仕方なく近場のファミレスで普通に腹を満たした後、近場にある何だか良さげなケーキ屋さん「楽」で、紅芋タルトとほうじ茶ラテでちょっと一息。ほうじ茶の味でありながら甘味があり、それでいて後味が非常にスッキリしているという不思議な感じで、ほうじ茶ラテはとても美味しかったです。他にも様々なドリンクがあって、ケーキとドリンクどちらも楽しめる良いお店でした。こういう出会いこそノープランな旅の最高の楽しみですね。

更にその楽さんの裏には、見事に満開な大きな桜の木がありました。そういえば満開の桜を散る前に見たいと思って外出したので、目標を達成。

でもって、その桜の木の後方に、何だかいくつもの鳥居のある階段が見えたので、気になって行ってみました。階段を上った先には「金平稲荷神社」という稲荷神社が。せっかくなのでここでお参りを。そして振り返ると・・・

夕方も近づく中、綺麗な街の風景を一望することが出来ました。

家を出たのが昼からだったので、本当にほぼほぼドライブだけみたいになってしまいましたが、やっぱり知らない場所に来て散策するのは楽しいですね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)