ゲッサン2019年3月号 高木さん・ツバキ・ユカリちゃん・元高木さん 感想

昨日は高木さん10巻を始めとする山本先生関連作品の単行本が4作まとめて発売されましたが、ゲッサン3月号も同じく発売されました。

今月のゲッサンは単行本発売ということで元高木さんが出張掲載。更にドラえもんの映画とのコラボでこぐまのケーキ屋さん&ドラえもんのクリアファイルの付録に加え、食生活が改善されるのかどうか不明なまま休載になってしまったカメントツ先生の漫画ならず道がほぼ1年ぶりくらいに番外編として掲載されておりまーす。

ダブルデート回ということもあり、「味噌汁でカンパイ!」がいつも以上に甘酸っぱくて良かったですわぞー。

からかい上手の高木さん

1本目は「編み物」。昼休みに週1回図書委員をしている高木さんと西片君ですが、今日は本を読むのではなく編み物をすることに。全く西片君が分からないのを良いことに、合法的に手を握る高木さんは賢いなー。どうやら誰かにあげる為に作っているらしい高木さん。一体誰だ?まさかまさかの西片君かー?

高木さんが冬にしているマフラーも、ひょっとしたら自分で作ったのかもしれませんね。

2本目は「UFO」。UFOの写真を撮ったぜ!と西片君達に自慢する高尾君。が、その後ろからやってきたミナに、可哀想なものを見る目を向けられるのだった。サンタ信じてるのはどこの誰だったっけ?そりゃ日々野のくせに!と高尾君だって言いたくなるさ。

おまけに必死にオモシロ画像を撮ろうとしていた様子は、通りすがりのサナエにばっちり目撃されていたという恥ずかしいオチが付く始末。もうやめて!高尾君恥ずかしくて死んじゃう!

それに影響を受けたのか、自分でもUFOっぽい写真を撮ろうとする西片君と、それに付き合う高木さん。いつものように高木さんに恥ずかしがらされて終わるだけかと思いきや、意外なオチが・・・そういえば高木さん、ツバキに口寄せとかされてるしオカルトでファンタジーなことにも遭遇しやすいのかも。

くノ一ツバキの胸の内

今回の主役は子(ネズミ)班。めっちゃポジティブなヒグルマ、反対にめっちゃネガネガなハギと、その2人をまとめる年長さんのタチアライさんの3人チームです。

いつも2人の意見をまとめている一方で、自分の意見を出さないタチアライは、班長として自分が上手くやっていけているのか不安な様子。たまたま目に入ったツバキの様子を見て、それを真似てみようとするタチアライですが・・・?

他の班は年長さんがしっかりしているor自由奔放な感じなのに対し、どちらかというと子班は年少のヒグルマとハギに年長のタチアライが振り回されているようなチームです。が、かと言ってヒグルマとハギがタチアライの言うことを全然聞かないとかそういう感じではなく、むしろ自分達をまとめてくれるタチアライのことは強く信頼しているし、色々考えていたりと、とてもしっかりした年少さん達。

他の班とはちょっと違うまとまり方ですが、年長と年少がお互いに尊重しあっていて、良い3人組だなぁと思います。

からかい上手の元高木さん

家族3人で夕飯の買い出しに来た西片家。いつものようにちーがお菓子を籠に忍ばせようとするのはおかあさんがしっかりガード。が、自分も苦手なピーマンを戻しに行こうとするのはスルーするおとうさん。良いのかおとうさん、それで・・・

勿論そんなたくらみはおかさんには筒抜け。ピーマンはばっちり晩御飯に使われていたのでありました。食べないとちーがピーマンを嫌いになるぞー、と西片君に迫るお母さんですが、割とお父さんのこと嫌いになっちゃうぞー、とも取れるような言い方をされたら、断ることなど出来るはずもありません。西片家においておかあさんは一番強いのです。

恋に恋するユカリちゃん

1本目は「マラソン」。高木さん5巻でもやったマラソン回のユカリちゃん視点ですね。冒頭からして本編と同じような構図と台詞ですが、そこはユカリちゃん視点、勝負しようとしている西片君と高木さんを見て、乙女スイッチは絶好調です。

しかしまぁユカリは運動神経が3人の中で一番無いのでして、当然マラソンが始まれば後ろの方になります。と、前にいたのは真野ちゃん。念願の恋バナが出来て良かったねユカリちゃん!そういえばこの作品で一人だけまともに恋バナ出来そうな最後の希望じゃないか真野ちゃんは!デフォルメなのもあって、本編より豊かな表情が活きて可愛いですね真野ちゃん。こっちでは題材的にももう少し出番が増えると良いですね。

アニメだとヘトヘトになったミナと高尾と木村が最後尾で走っていましたが、こちらではユカリが皆に置いて行かれたっぽいですね・・・そういえばアニメだとどの辺にいましたっけユカリちゃん?

2本目は「豆まき」。やってきました日々野ハウス、今日は2月3日で節分だー!と豆まきを楽しんでいた3人ですが、サナエが鬼のお面を被った途端、鬼になりきってミナに豆マシンガンを撃ちまくり!弟君が体を張って守りに入ったのを見たサナエは、実はあいつこそ鬼の大将だーとユカリに擦り付けるのであった。ホント自由だなサナエちゃんw

そういえば餅付きにも来てたし、日々野家に集まる頻度多いですね。日々野ブラザーズも出たし、ここらでユカリちゃんシスターも一度出番があっても面白いかもしれません。妹から見たユカリちゃんは一体どんな印象なのやら。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)