ワートリ3期、遂に弓場ちゃんとオビニャンも出てきてたしかなまんぞくを得た

ヒュースの加入したランク戦ROUND7と8がアニメで見れるワートリの3期が遂に放送が始まりまして、ワ民としては毎週たしかなまんぞくを補給しながら3か月生きていけるというこの世の天国が顕現しているわけですが、今期はOPもEDもガラッと変えてきたのも印象的。

1話が原作でも衝撃的だった162話の部分がある為か、OPはいきなり旧ボーダーが消えて現玉狛支部のメンバーに変わるという、曲調に反して開始1秒でシリアス全開な出だし。最後の方にイコさん生ライブが全てを持っていった感じですが、2期と同じでOPが前期までの振り返りになっていて、この先の部分がOP映像に無いのがちょっとだけ残念。流石に映像と合わさってエモさの塊でしかない2期OPと比べるのは酷か。

対してEDの「雲外憧憬」は遊真が空から落ちてきて、雲を突き抜けた眼下には三門市があった、というシンプルな映像なのですが、これが歌詞と合わさるといくつも解釈が生まれそうで、3期終わる頃には2万回聞いてそうな勢いで個人的には2期OPに匹敵するエモさです。

・・・ただ、これROUND8が3期で終わるの?という不安が9話まで終わって益々現実味を帯びてきそうで、果たしてどうなっちゃうのやら。後日特番で話数を増やすのか、ヒュースが脱落する辺りで終わらせて4期に繋げるのか。詰め込みで3期中に無理やり終わらせることだけは無いと信じたいです。

作画トリオンの使い方と声も素晴らしい

2期は諏訪さんが犠牲になった以外は割と作画トリオンの配分をしっかり出来ていた印象ですが、3期はそこが更に洗練されていますねぇ。

特に5話はROUND7で最も盛り上がる所だと分かってる為に、作画トリオンが一番注ぎ込まれ鋼の曲芸やチカオラは勿論、それ以外(仏先輩のワンカットとか)のシーンでもものっすごい気合が入っててめちゃくちゃたしかなまんぞくを得られました。というか全体的に遊真と千佳ちゃんには遠慮なく作画トリオンを投入してる気がする。

あとやはりアニメで動きや声がつくと、印象が変わるシーンが多々ありますね。ROUND7は影のスコーピオンが変態軌道で動きまくってて、一人だけスコーピオンを「剣」じゃなく「スコーピオン」という武器だと考えてるのがよーく分かった。鋼もヒュースにトドメ刺された瞬間にレイガスト出そうとしてて、この2人ホンマに上澄みのアタッカーなんだなと。

声と言えば、3期の範囲では千佳ちゃんの屋上シーンが放送前から一番気になっていたわけですが、それ以前のチカオラの時に、修にすっごい震えた声で返事してたのが凄い印象に残りました。千佳がこういう事態を本当に恐れていたこと、屋上での吐露に繋がることへ凄く理解が繋がった。屋上も言わずもがなで、田村奈央さんが千佳ちゃん役で本当に良かった。

声が付くことでこのシーンでのこの台詞での捉え方や印象が変わる、っていうのはアニメの良い所ですが、ワートリ3期は特にその恩恵が大きいと感じますね。

・・・あと、原作とやってることは変わってないのに東さんの活躍が盛られてるように見える不思議。なんで職業軍人のネイバーを出し抜いて倒してるんですかねこの大学院生の25歳?本当にただの25歳大学院生なんでせうか?

ァ ァ! ァ・・・・・・

待ちに待った弓場隊・・・の前に、草壁隊の里見に佐伯に宇野のご登場。カンダタも顔がはっきり見えるサプライズ。森久保祥太郎氏の里見、動きも合わさると非常に合ってる声だなと思いました。シカマルや花村陽介といった前例がありますからねぇ。

そしてそして、弓場ちゃんと帯島ァ!ちゃんが満を持してアニメに登場。9話はまずヌマニメーションのコールで「ヌマニメーションだコラァ」と不意打ちの第一声が聞けて満足。弓場ちゃんは小野大輔氏(承太郎)か細谷佳正氏(オルガ)のイメージだったけど檜山修之氏だったので、少し意外だったけどやはり動きも合わさるとめっちゃ合ってますねぇ。

そしてアニメでもめっちゃ他の作品のキャラに見える。もし初期から居たら圧倒的な存在感を放ち続けてたので投入が遅れたのも頷ける濃さ。

オビニャンはバンブレの珠ちゃんやググコクのこひなたま、ワーキンの山田等でお馴染み広橋涼さん。少年に間違われるけどはっきりと女の子な声、という点では確かに良いチョイス。声付いて動くと可愛さが増している。遊真が帯島少年の後の土下座時にめっちゃ狼狽えてたり、変則マンティスが帯島ちゃんに凄く印象的に残るような技という演出になってたり、行間の補強もしっかりされてて弓場隊初登場回としてこれ以上無くたしかなまんぞく。

残り話数も少なくなってきましたが、10話ではにのまるもあるし、ROUND8がいよいよ開始。今月もワートリ3期は最後まで目一杯楽しめることでしょう。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)