大洗の地ビール醸造所 Beach culture brewing -ビーチカルチャーブルーイング-さんより返礼品が届きました

以前クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で募集があった、「 Beach culture brewing -ビーチカルチャーブルーイング-」さんより、返礼品が届きました。

奮発して1万円分の支援をさせていただき、その返礼として6本の地ビール、グラス、コースターをいただきました。あんこうのシーズンに入り、大洗が恋しくなってきたタイミングでの着弾。このグラスに地ビールを注ぎ、プハーッとやりたいですね。

Beach culture brewing -ビーチカルチャーブルーイング- とは?

風土に合った地ビールを作り、大洗・ひたちなかを盛り上げたいという思いで、代表の風間智さんが立ちあげたこのクラウドファンディングは、集まった支援を元に発酵タンクを購入して大洗シーサイドステーション内に醸造所を構え、今年の夏から本格的にオープンという計画を立てていました。

最終的に目標額を100万円を大幅に上回る166万6000円もの支援金が集まり、現在は当初の予定通り、大洗シーサイドステーションで営業を開始し、訪れた人々へ地ビールを販売しています。

この土地らしい地ビールである「干し芋レモンホワイトエール」や大洗の湧き水を使った「大洗ゴールデンエール」をはじめ、様々な地ビールを醸造。

最近では茨城産の栗を使った地ビールも販売を開始しました。私はまだオープンしてから大洗へは行けていないのですが、ツイッター等で検索すると訪れた人々がこちらの地ビールを楽しんでいる様子が沢山見受けられ、とても羨ましいです。ヴィンテージむらいさんのギネスビールがホント美味しいですし、やはりビールは現地で目の前で注がれたものも呑みたい!

今まで大洗でお酒と言えば、月の井酒造さんの日本酒やヨネカワ酒店のビワミンが代表的で、実際私も現地では月の井さんばかり吞んでいたし土産にしていましたが、ここに新たな選択肢として地産地消の地ビールも加わり、「大洗では日本酒がお供!」というこれまでの大洗ライフが「大洗では日本酒もビールもお供!」に変わるのかも。

ビールですし、やはりエビフライや天ぷら等の揚げ物と一緒に呑むとより一層楽しめそう。この時期なら鮟鱇唐揚げが本命かな?買い食いならカジマさんのズワイガニコロッケとかをお供にすると良さそうだ。

特に来年の岩牡蠣のシーズンになれば、あの巨大なカキフライにこの地ビールをお供にして楽しめますし、気温も高くなってくるので冷えたビールは更に美味い。月の井の冷酒と地ビールで楽しむ大洗の初夏~夏、半年以上先のことなのに今から期待しかありません。

というわけで、ビーチカルチャーブルーイングのご紹介でした。シーサイドステーションの新たな店舗、お酒好きのガルパンおじさんは特にお見逃しなく。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)