今更ウマ娘プリティーダービーをプレイしてみた その5

ハフバの1日1回無料単発ガチャで
いきなりエイシンフラッシュが出て
盛大におっぱげた!!

・・・いやぁ、流石に自分の目と耳を疑いましたよ。理事長じゃないし扉も普通だったのに、銀のゲートが何の前触れもなく金→虹に二段階変わって出てきました。まだ始めて一か月も経っていないし、この分をサポートガチャに回せるのは美味しいですが、どこかで盛大にこの豪運の収束がやってくるだろうから次のガチャをいつ回すかちょっと悩む。

しばらく遊んでて分かりましたが、現状だと石の配布が異常に渋くて、無課金微課金はかなり厳しいプレイをせざるを得ないみたいなので、ストーリーやミッション、昇格や名鑑の石を粗方回収してしまったらこの先どうしたら良いのかかなり不安な所があります。サポートもSRの凸があまり進んでないし、SSRは無凸ばかり。けど育成キャラの数=遊べるシナリオの数だから、まだ20人しかいない育成ガチャも回したい。もっと石くれんかなぁ・・・

ちょっと珍しい構成のシナリオだった

そんなエイシンフラッシュの初育成、3人目のAランク突破をいきなり達成。元が中距離長距離に特化していたのでフレンド枠はスーパークリークにしてスピ3スタ3で育成しました。・・・が、マエストロは貰えず、更に途中の継承で中距離がSになってしまった為、スタミナ回復系スキルは0、ただし素のスタミナは1000近くあるというステータスに。これで良かったのか分からない。

エイシンの育成の特徴として、ゴルシのようなトレーニングの制限がたまに発生するみたいです。ただその時の練習をすれば練習後に体力回復と練習した項目の経験点が入るので、やるのを推奨するようなランダムイベントになっている。その代わり、制限されたターンにその練習をしなかった場合、その育成中は二度とこのイベントが発生しないようだ。発生時はやる気も上がる為、最後まで切るか切らないか悩ましいイベントなのだと思う。

シナリオは故郷の両親に成長した姿を見せる、と一言で言えば単純ですが、最初から3年後に引退が視野に入っている為トレーナーが段々とトレーニングの日々の中で別れを意識するようになったりするのが印象的。育成シナリオの3年間が始まりじゃなくて「期限」というのも珍しい考え方。またドイツからの留学生なのでドイツ文化やドイツ語も頻繁に登場してきます。勝負服も見ての通り、ディアンドルがベースですし。

また、同期よりも先達のレジェンドや実績のある子がシナリオ中における壁やライバルとして大きくピックアップされているのも特徴でしょうか。ミスターシービーってこのエイシンのシナリオがアプリへの3Dモデル伴っての初登場らしい。

そんな彼女等に触発されてレースと勝利、というより走ることを義務的なものに捉えていたのも本能から勝利を渇望するようになったり、3年という時間の中で育成開始時とは別人のように成長するのが見所と言えます。パッと見はスケベェな目で見える勝負服も、一周してみれば全く異なる印象を持てるはず。

 

あとクリア後、スぺちゃんですら北海道なのに、エイシンはドイツにトレーナー連れて行きましたよ。元々彼女に足りない視点を持っていて二人三脚感も強いシナリオでしたが、まさか国外行っちゃうとはたまげたなぁ・・・まぁキャラストーリーの4話で既に両親に挨拶済という爆速RTAやってる上、トレーナーも「一目惚れ」とか「美しかった」とか正面からエイシンにぶっちゃけてる位だから納得のENDである。

その他の育成余談

でまぁ、あれからも引けた子の育成をちまちまやっておりましたが、フラッシュの前、2人目のAランクを達成したのがエアグルーヴ。失敗0、寝不足を0、更にウマ始めて通算2回目でいきなり出てきたダイジョーブにあれ以来の遭遇があったりと、マイナスイベントにあまり遭遇しなかったおかげもあってギリギリ1万を超えた感じ。・・・ただ、中距離育成をしていたはずだったのに継承でマイルがSになったので現在はマイルのエースで頑張ってくれています。なんか自分の育成、割と途中で別の適性や作戦がSになって方針転換することが多々ある。

あと未だにウララ以外のダート適性高い子がいないので、ダートの編成が割と壊滅的。Aのマルゼンさんが現在短距離のエースになっているんだけど、ダートBで始めて継承でAかS狙ってダートの穴を埋めてもらおうかなと考えるレベル。もう一人位で良いから、星1か2でダート適性のある子が実装されないだろうか。まだスタートダッシュの引換券は使うのが怖い・・・

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)