2021年春~初夏の家庭菜園 ~玉ねぎが無事に収穫出来ました、他も無事に生長しています~

さて、6月に入りまして無事に玉ねぎを収穫出来ました。葱の部分が倒れて収穫のサインは出ていたのですが、今年は例年より梅雨入りのタイミングがズレたのもあり、全部の葱が倒れるまで待ってみました。

植える段階で大半のポットに二房あるのを見抜けなかった為、等間隔で10本植えたつもりが、殆ど密接して育ってしまい、密接せずに育ったものより小さくなってしまったのですが、それでも虫害にも遭わず、追肥等もしていたら順調に育ってくれました。玉ねぎは調理の仕方も多彩で沢山採れても困らない上に手入れの手間も少ないし、今後も植えていきたい所。

一方、じゃがいもは梅雨入りが早くて水分を一杯吸収してしまった為か、100日経ってもあまり蔓が枯れていない為少し収穫の日を延ばすことにしました。一応次の土日に掘るつもりです。ただ蔓が枯れていないってことはまだ大きくなってるかもしれないし・・・判断に困る。

その他の野菜も順調に育っています。茄子とピーマンは最初の実が付いて、ぐんぐん大きくなっていて収穫が楽しみ。今年も茄子は天麩羅が第一候補、ピーマンはじゃこと一緒に炒めると美味しいんだなこれが。一度肉詰めにしてみるのも良いかな。あとは何と言っても、玉ねぎと一緒に焼肉!

ミニトマトも既に赤い実が付いているので、いくつか収穫して食べ始めています。ただ、林みたいになった昨年の反省を活かして、今年は枝を剪定しました。見た目も良くなったし、何より全体がよく見えるので収穫もしやすくなった。

で、最後にキャベツ。薬を散布しているのにも関わらず外葉がめっちゃアオムシにむっしゃむっしゃされてしまいましたが、玉の部分はそれにも負けず順調に大きくなっています。まだ蝶が飛んでいるのが不安要素ではありますが、元々60円程度の苗、もう少し大きくなるまで様子を見てみようと思います。

ちなみに、サニーレタスと玉ねぎの跡地に植えるものに悩み中。間が悪いことに薩摩芋の苗が買えず、結構なスペースが現在空いています。何か種でも蒔いてみるか、苗を買ってみるか・・・

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)