からかい上手の高木さん 14巻 感想

「からかい上手の高木さん」第14巻が発売となりました。「からかい上手の元高木さん」第9巻と10巻、「くノ一ツバキの胸の内」第5巻、「恋に恋するユカリちゃん」第5巻も同時発売です。

似た者同士に見えてくる浜口と北条さん

今回収録されているのは「寄り道」「寄り道②」「寄り道③」「お弁当」「初詣で」「雨」「告白」「タイプ」「相談」「レンタルDVD」の10本。

うち、寄り道②・告白・相談に浜口と北条さんが登場しており、今回は彼らの出番もちょっと多め。浜口がヘタレなのは最早言うまでもありませんが、それに対する北条さんも口に出さないこと、浜口の知らない所でやっていることが見ていてニヤニヤするし浜口のヘタレ爆発しろと思うのも無理はない。

というか、浜口が言えなかったことについて北条さんもいざ言おうとしたら下手な誤魔化し方をして言えなかったり、西片君を呼び出して浜口に何を送ったら良いか相談していたりと、意外とこの2人、似た者同士なんですよね。

2人とも相手が知らない所で西片君(達)に相談しているのも面白い。というか、そのポジションはユカリちゃんにこそ譲ってやれ西片君。ユカリちゃん時空のユカリちゃんにこそ、その恋のキューピッドみたいなポジションはピッタリではないだろうか。

片やプライドとかイメージとか色々あって、憎からず思っているはずなのに絶対に自分から告白できない北条さん。片やヘタレでいつまで経っても告白できない浜口くん。似た者同士で進展しないのが一周回って噛み合っててお似合いなこの2人、どうか末永く連載中はくっつかないまま今の面白いペアでいてほしいですね。

言わないけどね。言えないけどね。

いつものように爆発してほしい西片君と高木さん。今回も初詣でから神社で遭遇して新年早々にイチャついたり、誰も来ない屋上前の階段で2人でお弁当食べたりしていますが、いつもとちょっと違う顔を見せる高木さんや、たまにある西片君の優しさと勇気が見えたりするお話も沢山あるのが今巻。

「雨」では忘れ物の傘を借りて下校中の西片君が、高木さんが以前忘れたことを思い出して校舎に戻って一緒に帰ろうと誘ったり(それに対する高木さんの反応が最後まで凄い可愛い)、「相談」では西片君が北条さんに呼び出されたのに何を話したか言わないので嫉妬?したのか、下校中にからかいじゃなくてちょっといじわるな感じに質問をしたりと言った、普段の高木さんから見ると意外だけど一人の女の子としては至極当然の様子を見せたり。

そして「レンタルDVD」では、ネタバレした西片君におわびとして何かを言おうとして言い淀み、肝心な所で勇気が出ないと別れてから独りごちる高木さん。台詞も相まって、何だかその背中が寂しそうに見えるのは私だけじゃないはず。せめてものと、西片君に渡した映画のタイトルで言えなかったことを伝える高木さんが、あまりにもいじらしくて可愛すぎますね。

巻数をこれだけ重ねても変わらぬ面白さ

気づけば14巻と随分な巻数となりましたが、西片君と高木さんの2人がメインであるという点は一切ブレず、2人とも見ていてずっと飽きないし、その周りの子達も見ていて飽きない。

大きな変化こそないものの、根幹とその面白さは未だ変わりなく続くこの作品。西片君が高木さんにからかわれるだけの最高の日々は、これからも末永く続くことでしょう。