コープスパーティーBloodCovered(漫画版) 10巻 感想&レビュー

サチコとの決着が付く最終第10巻。

最後の表紙がこの2人なのは当然ですね。

呪詛四十三 「対峙」

前回で田久地も死亡してしまい、

生き残っているのは哲志達6人だけに。

地下室を更に奥に進むと、サチコを発見。

ゲームのようにぬいぐるみを渡して

お呪いをして成仏ってわけでもなく、

ヨシカズも普通にいる状態で

真正面から相対して浄霊する必要があり

難易度がメチャクチャ上がっています。

しかも操られた由香がサチコに襲われ、

哲志がヨシカズに殺されかけるなど、

いきなり犠牲が出掛ける事態。

哲志と良樹はヨシカズと、

あゆみはサチコとそれぞれ対峙。

最後の戦いが始まった・・・

尚、直美は結衣先生に付いているので

やることがありません。おい。

由香が犠牲になりそうなフラグを立てたり、

直美は完全に残るつもりだったり、

良樹は哲志にまだ嫉妬してて

助けに行くのを渋ったり、最終局面でも

何一つとして安心できない状況。

呪詛四十四 「少女真情」

哲志達はヨシカズを動けなくしてから、

七星の聖水を塗りこんだ鉄棒で

サチコを抑え込み、あゆみが魔法陣を

書き換えようとするが、想像を絶する

サチコの力の前に失敗。全員金縛りに遭い

動けなくなってしまう。

サチコに哲志への想いを誑かされ、

由香は哲志の腹を刺してしまう。

用済みとばかりに由香を傷つけるサチコに

哲志は激怒。自力で金縛りを破り、

ヨシエの日記を見せ正気に戻そうとするが、

負の感情に染まりきったサチコは

それすらも跳ね除けてしまう。

もはや哲志達に打つ手は無い・・・

好きな人の傍にいたいって思いは、

天神小内において多くの人間が

共通して持っているんですよね。

それはサチコもまた例外ではない

という対比が上手く使われています。

呪詛四十五 「愛 慕」

サチコに対して成す術を失った哲志達。

成仏させたいという言葉も届かず

暴走したサチコが襲い掛かるが、

その声はヨシカズに届いていた。

サチコを止め説得するヨシカズだが、

彼の声もサチコには届かなかった。

哲志達へ望みを託し、ヨシカズは消滅。

しかしサチコの更なる攻撃の前に

哲志達は最早殺されるのを待つばかり。

そんな中、落ちた血に反応したのか

日記からヨシエが現れ、哲志達を救う。

彼女がサチコを抑え込む間に、

死力を振り絞り魔法陣を書き換えた

哲志達。果たして、あゆみが唱えた呪文は

効果を発揮し、サチコとヨシエは

生前の姿を取り戻し成仏したのだった。

最大の危機を乗り越えた哲志達。

あとは逆打ちをするだけだったが、

支配者を失った天神小学校は崩壊を始めた。

ヨシエさんがサチコと一緒に成仏できた

という、最大級の救いがある展開に変更。

この時はBloodDriveも出ていないので、

ヨシエさんは夫を蘇らせようとしたとか

そういう事実は漫画版では無かったと

考えた方が自然かと思います。

呪詛四十六 「こころをひとつに」

雑誌掲載時はセンターカラー。

仲良く寄り添う6人だが・・・

支配者を失い崩壊を始めた天神小学校。

いきなり瓦礫に潰されそうになる哲志達を

雪ちゃん達が守り、出口へと導いてくれる。

渡り廊下から外に出た所で、校舎は崩壊。

いよいよ逆打ちをして帰る時だが・・・

自分の切れ端が無いことを告白し、

残ろうとする直美。あゆみの黒い感情は

直美の切れ端を持っていることを隠し

勝ち逃げしろと囁くが、あゆみはそれを

振り切り謝罪とともに直美に返却。

帰る帰らないで譲らない二人の姿勢を見て

自分が残ろうとした良樹だったが、

差し出されたのは結衣先生の切れ端。

もう結衣先生は生きて帰れないほど

出血過多で瀕死の身だった・・・

先生と最後の言葉を交わし、

哲志達は逆打ちをして現世へ帰還。

それを見届けた結衣先生は事切れ、

瓦礫の山に飲まれていった・・・

結衣先生もまた、漫画版において

最大級の救いをもたらされた存在。

死んでしまう結果自体は同じですが、

最後の最後まで生き残ったからこそ

哲志達の成長を見届けた上で

きちんと別れを告げることが出来、

世以子の傍で眠るという後悔無き最期を

迎えることが出来ました。

未練を口にしたまま崩壊する校舎に

飲み込まれていった原作と比べ、

哲志達の「先生」という役割を

立派に果たしたと言えるでしょう。

BloodDriveの丹羽久遠の活躍は、

結衣先生の扱いの反省から来ていると

個人的には思います。

最終呪詛 「しあわせのサチコさん」

最終回。こちらもセンターカラー。

現世への帰還から既に一週間が経過。

サチコ成仏後や校舎脱出中の描写通り、

傷の酷かった由香は入院中の様子。

両親の持田博と美穂も最後の最後に登場。

今の所、父親の博の容姿が分かるのは

この漫画版のみ。どちらも哲志と由香の

親なのが納得の容姿をしています。

哲志・あゆみ・良樹は失った友達や先生が

元から存在していないことになっている

事実に驚くも、それでも受け入れて

元の日常を取り戻しつつあった。

一人だけ受け入れられなかった直美は、

持ち帰った田久地の鞄に残っていた

テープの中身を見て絶望し、

哲志達の前で屋上から飛び降りる。

間一髪哲志が落下を阻止するが、

由香に刺された傷も開いてしまう。

このままでは2人とも転落死しかねない。

その時、直美の携帯にメールが届く。

来るはずのない世以子からのメールに

困惑するが、生きて欲しいという

世以子からの励ましだと受け取った直美。

哲志達と世以子に心を救われた直美は、

哲志達と一緒に生きていく事を決心。

こうして世以子達を失った惨劇は、

本当に終わりを告げました。

漫画版でも天神小は消えることなく、

雪ちゃんが新たな支配者となって

犠牲者が生まれ続けていますが、

あゆみ→直美の対感情の違いを筆頭に

生き残った哲志達もより前向きに

生きていこうとしていたり、

サチコとヨシエが共に成仏したりと

前提条件が大きく異なっているので、

漫画版はBSにもBDにも繋がらず

単独で完結したと解釈しています。

総括

チャプター5における大幅な改編は

少年漫画っぽいラストバトルや〆方になり、

展開もスムーズになっている他

キャラ一人ひとりの扱いや最期の変更、

特に直美とあゆみの互いの感情について

を中心とする哲志達の心理描写の増加が

どれも絶妙に良い方向へ働いています。

総合して、ゲームを原作とした漫画化では

非常に完成度の高い作品だと思います。

勿論ゲーム版も演出や展開を始めとして

とても面白いゲームの一つですので、

ゲームを遊んだならこちらの漫画も、

漫画を読んだならゲームも、遊ぶことを

おすすめします。

余談

カバー裏はサチコと雪の支配者コンビ。

最後の犠牲者の少女達の制服は、

4巻の特典イラストと同じだったり。