夕闇通り探検隊 感想日記 その32 ~電車の積荷は重いオモイ~

これまで何度か噂の舞台となってきた

駅西のガード下。この噂ではいよいよ、

そのガード下に巣食う悪霊そのものと

対峙することになります。

新王子線の呪いの噂

新王子線で人身事故が起きたらしい。

もはや珍しいことではないようだ。

あの路線自体が呪われていると

おトイレ軍団のイワセは言う。

しかし、駅の西側のガード下は

彼女からしたら大した場所ではなく、

そこにいるのは11人の霊だそうだ。

3人で相談した情報をまとめると、

クルミに見える黒いのは以前よりも

その数が増えていること、

最近また人身事故が発生したこと。

西側のガード下がヤバイ場所なのは

全く変わっていないどころか、

より危険になっている様子。

また、新王子線自体も「白い遺書の噂」

で示されたとおり、3日連続で事故が

起きるなど、それ自体が呪われていると

考えるのも不思議ではない状態です。

本当に霊がいるのかどうか確かめる為、

まずはナオがガード下を通ってみたが

何かの気配を感じたナオは逃げ出し、

それにすっかり怯えてしまった。

「死者は寂しいから新しい事故を呼ぶ」

と、殺される感じを覚えたらしい。

今度はサンゴが通ってみるものの、

そこには11枚のいかがわしいチラシが

貼り付けてあるだけでした。

そこを通り掛かるサラリーマン。

「ガキが偉そうに」と、子どもの目から

こういうものを隠す努力を大人はしないと

言ったサンゴに吐き捨てて行きました。

クルミの孤独な戦い

結局、サンゴは何も知覚できず、

ナオは殺意を感じただけの結果に。

ところがそれ以来、2人の様子がおかしい。

普段ならあり得ないような言い争いをして

絶交寸前の状態に。そしてクルミだけは

その原因が分かっているらしい。

ナオが最初にガード下に入った時から、

そこで「何か」を取られたのが

クルミには見えていたようです。

そしてサンゴも取られてしまった為に、

今の2人はおかしくなっていると。

しょうゆ婆と相対した際の経験から、

2人に起きたことが分かったのでしょう。

2人が取られたものを取り返すべく、

たった1人でガード下に入るクルミ。

すると、弟のコウ君や両親の姿をした

何かが現れ、クルミを精神的に追い詰める。

「本当は嫌い」「いらない子」「消えろ」

と激しく攻め立てるソレに対して、

「返して!」と叫び続けるクルミ。

ガード下を更に進むと、目に飛び込んだのは

11人どころではない無数の人の霊、そして

ようやく見つけたガード下の悪霊の本体。

それは天井にある、顔のようなシミでした。

カスカの言葉を借りるなら、電車に乗って

陽見に運ばれてくる沢山の人達の負の感情、

それが溜まり集まって形成されたモノ。

クルミはソレに対し「返して!」と叫ぶ。

「代わりをもらったから」と、

ナオとサンゴが取られたものを

取り返すことに成功したクルミですが、

その直後に上から聞こえてきたのは、

陽見駅構内で人身事故が発生したという

アナウンス。代わりとはつまり・・・

すっかり元の様子に戻ったナオとサンゴ。

天井のシミに気づかなかったので

改めて見に行きましたが、ただのシミにしか

見えないということで検証は終わり。

今回の検証で思う所があったのか、

西のガード下が今後もホラースポットで

無くなるとは思えないとサンゴは言う。

場所の役割とでも言うものがあるなら、

あのガード下は陽見の様々なヨゴレを

引き受けている溜まり場ではないかと。

近々あのガード下は取り壊されることに

なったようですが、場所の役割を考えると

また別の場所が同じような溜まり場に

なるのは想像に難くありません。

ラスボス戦前の中ボス戦

これでもかと言うほど、

人の悪意を凝縮したガード下の悪霊。

その正体が一人や二人ではなく、

無数の人々の負の感情の集合体が

更に犠牲者を取り込んだモノならば

あの悪辣さも納得です。

ガード下は普段通らなかった為

この時まで気づきませんでしたが、

誰で通るかによって長さが変わるとは

間違いなくホラースポットですね。

サンゴなら東側と全く同じ長さですが、

ナオやクルミは随分と長いですし。

カスカに会いに行くと警告される通り、

下手をすればクルミも「何か」を取られ、

3人の仲が壊滅的になっていた可能性も

十分にあり得たことでしょう。

クルミが頑張れた理由は、最後に言った

「サンゴとナオとメロスと一緒に

色んな所に行ければ嬉しい」という、

クルミの2人と1匹への純粋な好意。

つまりこれまでの散歩の積み重ねが

クルミの原動力になっていたわけです。

クルミはこれからも、彼らとの楽しい散歩の

毎日が続くと信じて疑わないのでしょう。

ですが、その終わりはもうすぐ、

唐突に訪れることになります・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする