今年災害に遭うのは今日で最後になってほしい

今日は朝からずっと家に籠っていたにも関わらず、夕方まで怖くてたまらない一日でした。

25年ぶりにヤバい勢力で上陸すると数日前から言われていた今回の台風21号、昨日出勤した段階で朝から職場で「電車が止まるのはほぼ確実なので、明日(4日)の午前中だけ来るか、今日ちょっと残業して一日休むか」という話になったので、帰れる保証も無いので残業することを選択しました。一時間以上いつもより長く残りましたが、この判断は正解でしたね。

最初から終日運転見合わせにするべきだったのでは

昨日は嵐の前の静けさという言葉がピッタリ来るような不気味に良い天気でしたが、今朝起きた時点でも、これから台風が来るなんて想像できないような空模様でした。

昨日の段階でも殆どの私鉄が朝9時~10時での運転見合わせを発表していましたが、これなら冗談抜きで終日見合わせにしておくべきだったのではないかなぁと思います。いつもの時間に出社して、すぐトンボ帰りになってる人も少なくなかったみたいですからね・・・

そして近鉄電車。今朝になっても明確な発表をしていなかったと思いきや、10時過ぎて11時には終日見合わせるとか、あまりに利用者に対して安全の配慮が出来ていないと思います。こないだの20号の時に22時で見合わせると事前に通達していたことにクレームを受けたのかは知りませんが、他の私鉄とこういう時に足並を揃えないと、混乱を招くばかりなので二度と今日みたいな対応はしないでほしい。

そのせいで自分も午前中だけ行くべきか・・・?と一瞬悩みましたが、行かなくてホントに正解。これを書いている今の時点でも近鉄線は止まっているので、本当に職場に泊まる羽目になるところでした。前の地震も含め、今年は関西の交通機関がダメージを受ける事態が何度も発生しました。今年の災害の経験を無駄にせず、利用者の安全を第一にした早めの行動を各社には心掛けてほしいですね。

そんなわけで今日はお休み

昨日決めた通り、今日はお休みということでまずは昼まで二度寝。そして起きた前後から奈良の方でも台風がやってきましたが・・・こんな直撃、割と何年ぶりなのか思い出せないです。

そして暴風域の通過中、窓を猛烈な雨風が叩くというのは大雨の時と同じなんですが、それに加えて家がバリバリと風で揺れていて、生きた心地がしなかった。常時震度1~2の地震が起きているみたいな感覚で、頑丈な一軒家でも、倒壊するんじゃないかという怖さが抜けませんでした。

そして収まった夕方に家を出てみたら、周りの家のトタン屋根がバラバラになって家の敷地内に飛んできたり、庭に植えていた木が一本倒れてたり。そして私の育てていたあの茄子も、地面から掘り起こされるような形で傾いてしまいました。最近は家庭菜園の日記を書いていませんでしたが、そのまま置いていたらまた茄子が花と実を沢山付け始めていたので、収穫が楽しみになってきていた矢先の悲劇。止む無くそこそこの大きさのものは全て収穫しました。

でも正直、我が家は誰も怪我もしてないし、土日に倒れた木を処理すれば良いだけなのでまだマシな方でしょう。瓦が飛んだり窓ガラスが割れたりした家も少なくないですし、停電も広範囲に渡りましたから。次は無事という保証も無いので、一度災害への備えを我が家でも少し考えてみる必要があるのかなと思いました。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)