ゲッサン2018年9月号 高木さん・元高木さん・ツバキ・ユカリちゃん 感想

今月のゲッサンの表紙はあだち充先生の「MIX」。テレビアニメ化が決定し、2019年春から放送開始です。往年の先生のファンにとっては嬉しい情報ですね。というかあだち先生もう67歳とは、それで現役バリバリとは、ゆでたまご先生に負けず劣らずの生涯現役っぷり。

からかい上手の高木さん

一本目は「犬」。朝から遠回りしてどこかへ行く西片君を見掛けた高木さん。それを追っていった先に待っていたのは、とある家の犬。なんですが・・・この犬、なんかすっごい見覚えがあるぞ・・・?そしてその犬を使って勝負をしていると、家から出てきた飼い主さん。って!?

ヒカリ!?ヒカリじゃないか!!

なんと高木さん本編に、キョーコちゃんのヒカリが普通に出てきました。やっぱりこの犬はヒカリの飼ってた犬だったか。というか、ヒカリが二人の通学路から少し遠回りすれば行ける場所に住んでいたのもびっくりですが、高木さんがお手を覚えさせる程度に交流もあることが判明。まさかこんな形で高木さんとキョーコちゃんが繋がるとは思わなかったので、これはとても嬉しいお話でした。それと犬が怖いフリをしてムッとする高木さんが可愛いぞ。

二本目は「うちわ」。日直でもないのにお互い偶然にも早く登校し、教室には二人きり。と、西片君が取り出しましたるは団扇。これで勝負を始める2人。風で髪が揺れている高木さん可愛い。そして朝から誰もいない教室で体寄せ合って涼んでる西片君は即刻爆発して夏の塵になれ。

くノ一ツバキの胸の内

前回の続きで、なんかとんでもない話を聞いてしまい、変化の解けてしまったツバキ。逃走を図るも流石に先生相手では分が悪く捕まってしまいましたとさ。

男は怖いと教えられ交流が断絶されてきたのは、以前は普通に交流していたことにより駆け落ちが多発、忍の存続自体が危ぶまれた結果だそうな。あー、みんな思春期だもんなぁ、そりゃ駆け落ちだってするわね、うん。今のツバキの様子だと、もし男と会ってしまったら本当に駆け落ちしそうだし。

一人だけその秘密を知ってしまったツバキは、元から恋に恋してるような状態だっただけに、今後どうなってしまうのやら。

恋に恋するユカリちゃん

今回は「おまじない」と「プール」。いつも以上にミナの可愛さが押し出されたようなお話の二本立てでお送りされました。

「おまじない」はテストが近くなったので、ユカリにほっぺをモチモチしてもらうミナのお話。扉絵からして柔らかそうなほっぺをしておる。ミナと言えばほっぺ、サナエにはよく引っ張られるのでお馴染みですね。尚、ユカリの妄想は僅か一コマであった。おいタイトル。

「プール」は題名の通り、原作1巻の「プール」のユカリ視点のお話。こちらでは水上でビート板にペタンと座るミナが可愛い。カップルの邪魔をしてしまったミナを見て必死に泳ごうとして熱中症になってしまったユカリちゃん。ちょっと気絶する程度で済んだ代わりに、暑さで頭がやられてしまったのであった。サナエの言う通り手遅れだよこりゃ(汗