最終章第2話にはヴァイキング水産高校とNbFzが出たりするようです

今日はガルパンのアプリ&アニメの重大発表なる生放送がありました。みんなの戦車道は予想通り、キャラ重視で戦車方面はそんなにという感じみたいですが、それでもキャラ要素を強く重視してるので戦車道大作戦よりもよっぽど好印象です。とりあえず澤ちゃんのSSR引くまでリセマラしかあるめーよ。

そして放送の前に午前中に既に発表があった、TVアニメとアンツィオ戦の5.1ch版BD-BOXの発売決定。全話SEなどを撮りなおす上、キャストコメンタリーとミリタリーコメンタリーも新録。そう、まさかのコメンタリー2週目です。特にミリコメは毎度毎度、この人達に話をさせるには全然時間が足りないと思っていたので、まさかの丸っと2週目をやるなんて笑ってしまうと同時にガッツポーズですね。

そして個人的にもう一つ嬉しいのがキャストコメンタリー。各話を大洗各チームと他校の人達が担当するわけですが、5話の担当をよーく見てください、これ。

そう、小松未可子氏がいるんですよ!!

イベントもラジオも毎回お題担当やビデオだけで別撮りばかり、6人チームでありながらリアルでは5人体制がずっと続いていたウサギさんチームが、やっと6人揃ってのリアルトークをするわけですよ。これは恐らくラジオも欠かさず聞いていた人達なんかは特に嬉しいでしょうね。

まだ円盤を持っていない人も僅か25,000円で買える機会ですし、既に持っている人も5.1chやコメンタリーの為に買い逃す手はありません。当然私は買います。が、5.1chを堪能する為の環境も構築することを考えていかないといけませんね。

最終章の新しい情報来たる

待ちに待っていた「ガールズ&パンツァー最終章 第2話」の初報が本日公開されました。が、公開日は何と2019年6月。今から更に約1年後ですか・・・長いなぁ。まぁでも、去年とほぼ同じタイミングで情報が出せただけ良かったと思いましょう。

ただ、たった15秒のCMでは情報らしい情報も無いように見せて、きっちりとガルパンおじさんが興味を持つ情報を映してきましたね。そう、この戦車のシーン。これは「NbFz」というドイツの僅か5輌しかない試作多砲塔戦車。そしてこの校証は「ヴァイキング水産高校」。とりあえず、岩手のヴァイキング水産高校がアニメに初登場することが明らかになりました。

どういう学校なのかと言うと

今のところ、リボンの武者でも注目されていないのでBC自由学園と違ってガルパンおじさんには殆ど馴染みのない学校だと思います。基本情報としては、岩手が母校のノルウェー系の学校という設定。名前の通りノルウェーと言えば海賊=バイキングだし、そもそもNbFzが投入されたのはノルウェーへの侵攻時ですからね。

なんかどこかで、例の兜を被った子達がリボンで出てくるシーンがあったような気がしたんですが、とある方に補足いただき、その記憶は8巻の新潟ビゲン高校の子だと分かりました。あちらもスウェーデンだからモチーフはほぼ一緒ですか。

NbFzが出るという点については月刊戦車道の設定に合致。アニメのBCはリボンとも月刊戦車道とも変えてきましたが、今回は全部違うってわけでもないようです。とすると、戦車がフランスとドイツの混成車輌である、という点も合っているんじゃないでしょうか。少なくともドイツのNbFzは確定ですからね。

何よりドイツとフランスの混成なら既に作られているモデルと戦車を流用することで負担を軽減することも可能なのでⅡ号やⅢ号、ソミュアS35辺りのさほど強力ではない戦車を出したりすることも出来るし。勿論良い歳したおじさん達が本気を出して、まだ出てないドイツ戦車orフランス戦車を出すかもしれないし、他校の試合がそこまで詳細に描かれないならこのNbFzが動いて撃たれて試合終了、となるかもしれない。

まぁどちらにしろ、公開は11か月後。今から色々と予想して待ちましょう。