買い換えの渋りは程々に

今週に入ってもクソ暑い夏が続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか。私はこの暑さだからこそ夏バテしないよう、大盛のチーズ煮卵カレーうどんや500gのオムライスを食べたりして今日も元気です。どんな時でも飯と睡眠は何よりのパワーである。

さて、先日のプライムデーの時にも触れていましたが、来月で自分のPCが使い始めて丸9年となるので、この機に遂に買い替えることになりました。それがこちら。

mouseの「MB-13BCM8S2WLT」。63,000円くらいだったのが20%以上のオフで5万を切っていたので、これしかないなと思い購入。

以前使っていたのはメモリ4GB、容量320GBのHDDでしたが、こいつはメモリが倍の8GB、そして容量は240GBに減りましたがSSDとなった為、起動を含め動作は早いし、何より静かで快適。キーボードの配置には少し難があるというか慣れない感じで、ディスクの読み込みには外付け機器が必要ではありますが、それを除いても以前より圧倒的にマシンパワーが上がりました。

特に前のは無線の親機が離れているとしょっちゅう切断されていて、実質PS4で遊んでいる時はPCでネットが出来ない状態でしたが、これだとそんなこともなく、単純に受信するパワーも上がっている様子。読み込みが遅くなることはあれど切断されることもないので良いですね。画質も非常に良くなっています。

何より劇的に変わったのはサイズ。下が前のPC、上がMBの親亀子亀状態ですが、一目瞭然のダウンサイズ。横幅も厚さも大幅に小さくなり、普通に仕事用の鞄にすらすっぽり入る程です。これなら喫茶店などは勿論のこと旅行先にだって持っていけます。

総合的に見ても、以前のPCとは大違い。PCのスペックには詳しくない自分でも、これはとても良い買い物をしたと思います。何よりあのPC、当時は最新に近くて、少し値切っても10万ポッキリだったのに、10年近く経つとそれを圧倒的に上回るマシンが半額以下で買えちゃうんだから、電子機器の技術の進化と旧式化のスピードには驚かされるものがありますね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)