ハッピーシュガーライフ アニメ1話 感想 声の力は素晴らしいですね

さてさて、遂に「ハッピーシュガーライフ」のテレビアニメが放送されましたね。なんか朝起きたら、ブログのアクセスがえらいことになってまして・・・(汗 やはり事前情報無しで純愛百合アニメだと思っていた人達が面食らって、情報を集めているのでしょうね。

・・・えぇ、こういう作品です。純愛百合アニメなのは間違いないですが、その実、家主をピーして乗っ取った部屋で誘拐した幼女と生活するサイコホラーでもあります。その生活を守るさとうと、ストーカー、親友、しおの実の兄、歪んだ叔母、しおのなくした記憶等がこのサイコパスなさとうに絡み合い、愛の物語が紡がれていくわけです(嘘ではない

ちなみにAmazonプライムビデオで会員には無料配信されているので、TVのない方も安心。

原作のネタバレ、感想についてはこちらをどうぞ。

声と動きが付くと実に良い

さてさて、1話はほぼほぼ原作の1話をアニメにしたものでしたね。多少カットされた所はありますが、まぁ不要な所です。しかし冒頭で部屋が燃えてるなんて誰が思うよ?これまさか、アニメでは2人で無理心中してあの世に行っても永遠の愛を・・・とかいうラストになるんじゃなかろうね?まだ完結してないので可能性としてはあり得る。

Aパートはふっつーに幸せな百合アニメという感じで進ませておいて、CM前になってようやく不穏な感じを見せ、Bパートで一気に畳み掛けて来ましたね。原作通りではあるんですが、前後に分かれたことで結果的にはより印象強いものになったのではと。

PV等は一切シャットアウトしていたので声も全く聴いていなかったのですが、やはり声が付くとがらりと受ける印象が変わってきますね。さとうの声はしお相手だと本当に幸せそうだし、邪魔者を排除するモードになった時は本当に不快そうに話してて、怖いというより不気味な感じ。しおも凄く舌ったらずな感じで、原作より等身は少し高くなっているのに、より年齢以上に幼い印象を受けました。

また、動画になって漫画以上に色々な表現が出来るのは良いものですね。あらためて1話を読み返して比べてみると、暗い所ではよりドス黒く、明るい所ではより明るくなってて更に明暗の落差をはっきり分けているように感じました。さとうの後ろから花が咲いたりと、特にさとうとしおの「甘さ」は原作以上に甘いものになってますね。

何よりさとうは目で今の感情が表現されることが多いですが、目の中で砂がこぼれていったり例のヤバイ目は赤く発光してるかのように描かれたり中で渦巻いていたりと、動画になったことでより有効に使われている印象。

作画の方も鍵空先生の絵柄に合わせているので今の所自分は大丈夫かなぁという印象です。・・・にしても、ホント今更だけどよくアニメに出来たなぁ。

あと、多分薄い本を描く人もいるでしょうが、さとうとしおのイチャラブ系以外を描ける方はいるんでしょうかね?流石に原作未読1話視聴だけで描く方はいないでしょうが、どっちに手を出しても確実にさとうにゴミ袋にされるので、全年齢じゃない方を描く方は苦労しそうだ。