2018年の家庭菜園その6 ~遂にじゃがいも堀りの日がやって来ました~

そろそろ植えた日から100日目・・・ということで!待ちに待った芋堀りの日がやって来ました。今回は植えたのが少し遅かったので梅雨入り後にはなってしまいましたが、晴れていたのでこの土日こそベストタイミングということで作業に取り掛かりました。

はい、これが収穫前の一画の状況。完全に枯れた所もありますが、概ねどの蔓も枯れ始めていたので時期的にもちょうど良いでしょう。尚、去年は一部の蔓に毛虫がびっしりと付いていましたが、今年は不思議といませんでした。天道虫も普通にいたんですけどね。

はいドン!と、これが全て収穫して段ボールに回収した後の状態。段ボールの底一面は余裕で埋まるだけの量を収穫することが出来ました。芽かきと追肥は一回しかしてなかったので少し不安でしたが、結果的には十分過ぎますね。

一番大きいのでこの辺、掌大のサイズ。サイズはまばらですが、全部集まれば合計3kg以上の重量になりました。種芋は1kgだったので、単純に3倍の量が採れましたね。それほど手間も掛からないし、じゃがいもは毎年植えるべきかな。薩摩芋も同時に植えるには場所が足りないのでどっちかになりますが。

さて、これを一体どう食べますかねへっへっへ。カレーにシチューに肉じゃがと言った煮物系は勿論、じゃがバターやポテトサラダも捨て難い。茄子のように天麩羅にしても良いですから、選択肢が多すぎて悩みますね。

その他の野菜の状況

前回と同じく、他の野菜は大きくなったのを順次収穫している状態。

ちなみに今週の茄子は大きな長茄子が3本も収穫出来ました。太くなったのは最初の1本だけで、それ以外は全部細いのがちょっと意外。とはいえ量的には問題なし。

前は天麩羅でしたが、今回は鶏肉と一緒に素揚げしたものを天つゆと大根おろしで頂くことに。うーむ、これも美味しい。ご飯が進む進む。やはり茄子は揚げると凄く美味しいですね。次もまだまだ育っているので、しばらくは土日に茄子のある食卓が続くかも。

ちなみにミニトマトは相変わらず採った端からまた採れていたり。朝飯にサラダ代わりにパンと一緒に食べたり、晩御飯で摘みながら消費中。少しはトマト嫌いが直るでしょうか。

胡瓜はそろそろ終わりかも。尚が4本育った内2本がもう枯れてて駄目そうなので、2本残ったのからしか収穫出来ません。それもいつまで新しいのが実をつけることやら。

尚、サラダ菜君は立派に大きくなりすぎた結果、見事に傾いてしまいました。・・・割と扱いに困る。最近雨とか風とか強かった影響も受けちゃったかなーこれ。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事(一部広告)