2018年春の家庭菜園その1 ~白菜とレタスを収穫しました~

最近は高木さんとかガルパンとかばっかりの更新でしたが、別に家庭菜園を辞めたわけではない。・・・いや、あまりに職探しが長引いて秋くらいから何もしてませんでしたが、先月の頭に仕事が決まる少し前からまた再開しました。やはり仕事してると活力が沸くんですかね。

定番と初めてなものを混ぜ混ぜに

3月に植えたのはミニ白菜の苗・レタスの苗・メークインの種芋・ほうれん草の種・サラダ菜の苗。それと今月に小松菜の種を余ったスペースに撒いておきました。小松菜は勝手に育つ。レタス・ほうれん草・サラダ菜は今までも散々植えてきましたし、じゃがいもも去年やりました。春に植えるのが実質初めてなのはミニ白菜だけですね。

白菜の苗とレタスの苗は3つずつ購入し、白菜はそのまま、レタスは根を分けて6つにして植えました。レタスは手前の一列、白菜とほうれん草で奥を半分ずつという感じ。白菜は苗からとはいえ、秋に植えたのは結局一つしか育たない上に小さい状態で止まってしまったので、失敗するかもなぁと思って3つだけに。とは言え今は白菜も高いし、育てば良いよねくらいの気持ちではいました。

・・・で、予想外にすくすくと育ち、今日収穫した時の様子がこちら。デケェ!?ミニ白菜って名前だけど、全然ミニじゃないですよこれ!!1ヶ月半ほどで、まさか3つともこんなに育ってくれるとは思わなかったです。これは土とかネットとかそういうものではなく、苗そのものが良かったのでしょうね。今年の秋こそはもっと本格的に白菜を植えてみたいなぁ。

レタスも6つ中3つがしっかりと育ったので、そのまま収穫。他の3つは途中まで普通に育っていたのに、急にしなびてしまいました。虫に食われた様子でもないので、根に何かあったのでしょうか・・・ともかく、収穫した分は結構な量になったので、これから朝や晩に食べていくことでしょう。

サラダ菜はプランターに植えましたが、思ったより生長がよろしくありません。それでも少し収穫出来たので、そっちはパンに挟んだりして消費したい所。サラダ菜もこれから育っていく野菜だし、まだまだ様子見ですね。今回は最初から駆虫剤を使用したので、以前よりはダニの被害も少なくなってくれる・・・はず。

やはり苗から育てるのは安心で確実

結果として、3月に植えた苗はサラダ菜以外は予想以上に順調に育ってくれました。白菜は早速、明日の晩にすき焼きにすると母が言っていたので楽しみです。

・・・で、レタスと白菜を収穫したスペースが空いたので、そこに何を植えるか考え中。またレタスというのも食べる分には嬉しいですがそろそろ違うものも春に植えてみたいし・・・まだ植えたことが無いものと言うと、大根や人参が候補でしょうか。とりあえず明日ホームセンターに行こうかなと。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク