ガールズ&パンツァー 最終章ドラマCD第2弾 感想

いよいよ明後日にガルパン最終章第1話のBDと劇場版Varianteの3巻の発売が控える中、本日は最終章のドラマCDの2巻が発売となりました。話そのものは独立していますが、どのトラックも前巻や他のCDの続きの内容となっています。

ジャケットは上記のように、体操服でなにやら実況している様子のあんこうチーム。前巻を聞いている人にはピンと来たのではないでしょうか。

学園祭です!?

前巻の「来年のことです!」で話に出てきた、体育祭と文化祭がその後どうなったかというお話。この頃には既に、柚子は会長を杏呼びするようになっていたようです。最終的にごっちゃにして、戦車道のアピールの為に戦車を使った学園祭に。

ちょっとズレてるけど各チームがそれぞれに戦車道の良い所を伝えようとしているのが、彼女達がすっかり戦車のある学園生活が日常の一部となった感があって微笑ましくなりますね。新生生徒会として頑張るあんこうチームの奮闘も聴き所。

大学選抜の休日

タイトル名通り、愛里寿キチことバミューダ三姉妹のメグミ・アズミ・ルミが主役のお話。5巻で言っていたハンバーグを作る会が一応終わった後のようです。

・・・しかし、ぶっちゃけ戦車以外はどうしようもないと言わんばかりのポンコツっぷりが更に明らかに。調理器具を家に揃えてないのはまぁ予想付いたけども、それ以外も色々と、言い訳しようも無く戦車を降りたらただの自堕落女子大生でした。

そういえば、彼女達はAO入試で大学に入ったんでしたね、つまり学力面は・・・こんな所が明らかになったら愛里寿は勿論、高校生達に何を思われるか。おまけにみほへの嫉妬から同じ土俵に立つべく、ボコの観賞まで始める始末。彼女達の明日はどっちだ?

休み時間です! #2

前巻は聖グロとの練習試合までの各チームの様子。そして今回は聖グロとの練習試合中の各チームの様子を収録。囮作戦に失敗したカメさん、逃げ出したウサギさん、回り込んだけど撃たれたカバさん、性能が低くて負けたアヒルさん。彼女達が練習試合での失敗で何を思い、どう前を向いていったのかが分かるトラック。

前巻と同じく劇中では描写しきれなかった大洗女子達の様子を掘り下げているので、個人的にはこのシリーズが一番良いですね。後付ではありますが彼女達が成長していく様子をしっかりと感じられて、補完として非常に素晴らしい(特に澤ちゃんの真面目さがこの頃から発揮されててそれも非常に良い)。

最近だと伊能先生のVarianteでの大洗女子の掘り下げも素晴らしいので、大洗女子を蔑ろにするなやオラァン!という私の嘆きが解消されていて嬉しい限りです。

アンチョビ細腕繁盛記 #2

こちらも前回の続きで、ペパロニとカルパッチョが戦車道を始めた理由についてのお話に。前回で匂わせていたペパロニの黒歴史は、想像以上に何か凄いものでした。アンチョビが一年だった時のことや戦車道への考え方についても話に出ていて、色々と必聴もの。

意外にもカルパッチョはアンチョビが学校にスカウトされていたことを知らなかったようで、彼女達は高等部からの付き合いだと発覚。そして意外にも意外にもな事実。「アンチョビ姐さん」「ペパロニ」という呼び方も彼女達が3人揃ってから始まったものでした。

そう考えると、安斎とかチョビ子とか呼ばれてアンチョビだと訂正させるのって、後輩に付けてもらった渾名を凄く大事にしているからなわけで、めっちゃエモくないでしょうか。

第三巻もお待ちしております

今回も最終章までの繋ぎの話やTVアニメの補完、アンツィオの掘り下げとそれぞれに聴き応えのある内容で非常に満足しました。

特に休み時間です!は黒森峰戦直前くらいまではやって欲しいシリーズですね。1巻→2巻が3ヶ月のスパンだったので次は6月かな?一体いつになるかはまだ分かりませんが、3巻の発売も今から楽しみに待っています。