からかい上手の高木さん アニメ7話も私は一向に構わん!

Tシャツが付いたAmazon限定版は早くも上限に達して予約が打ち切られたそうな。Tシャツにそんな力があるとは・・・ともあれ、高木さん7話も結構なアレンジがありましたが私はこれはこれで良いと思いました。ただまぁ、100%片想い推しはちょっと控えて欲しいかもかも?

二人乗りはやっぱり駄目なんでしょうか

7話でアニメになったのは「買い物」「水着」「部屋」、あしたは土曜日は「海」の4つ。三人娘のお話も水着の話に合わせたチョイス。

何と言っても水着を試着する高木さんが強すぎました。ゲッサンに掲載された時のカラー絵が↑これですからね。破壊力が高すぎますわ。アニメということで下から上へ、上から下へというアングルは何度かありましたが、この回はそういうアニメの利点を活かしまくってるなぁと思いました。西片君の目線に合わせて下から上へ高木さんを見上げるのは西片君じゃなくても何も言えなくなってしまうでしょう。普通に考えて思春期の中一には刺激が強すぎる。後に西片君は独白します、「水着恐るべし」と。

最後の「部屋」はかなりアレンジされてましたね。家までの途中で二人乗りする場面が完全にカットされ、代わりに部屋の中でのシーンの尺が伸びていました。「二人乗り」の回も真野ちゃんと中井君が二人乗りしてたのは公園の中だし、公道での二人乗りというシーン自体をアニメでは作らないようにしているってことですかね。

ただまぁ、それならばと部屋の様子に対する高木さんの反応を追加する(100%片想いを本棚に置いてある迂闊な西片君)、お約束っぽいニヤニヤシーンを追加する(それに対する高木さんの反応も良い)、昼からの約束より高木さんといるのを優先して夕方まで一緒にいた(本当に約束してたのか嘘なのかは不明)西片君、ボードに以前2人が書いた習字や屋外プールのお知らせが張ってある等、アレンジしつつも今後の伏線やこれまでの話を上手く落としこんでいたと思います。

割と原作より別物に近い話になった「部屋」ですが、一つの話で原作とアニメで二度楽しめると考えると、私はこれでも一向に構わんですたい。

・・・ただ、妙に100%片想いのパートが入るのはちょっと微妙かなぁと。あしたは土曜日枠をボブネミミッミ呼ばわりする人々がいますが、むしろ100%片想いの部分がボブネミミッミになっているような気がするんですが。

余談

マンガワンで連載している「元高木さん」ですが、来週の2月28日より水曜日の更新となるようです。月曜日~火曜日にかけてアニメを見て、火曜日にフルカラー版を読んで、そして水曜日に元高木さんを読むというサイクルが出来ますね。