もみじのモンハンワールド狩猟記 その9 ~チャージアックスはじめました~

任務でゼノ・ジーヴァの素材も出たおかげで、マグダラオスの武器の最終段階を一種類作れるようになりました。大剣にしようかとも思いましたが、そろそろ他の武器も上位のを作って行きたいと思っていたので、今まで触ったことの無いチャージアックスに。「捲土重来マグマヌス」を作りました。捲土重来ってカナディアンマンかこの武器は。(楓龍カナディアンマンとかいうフレーズが頭に浮かんだんだけど

斬って溜めて変形して目指すは超サイヤ人

3rd以降のモンハンを遊んでいないので、自分は初めて触ることになったチャージアックス。剣モードと斧モードを切り替える、スラッシュアックスの派生系みたいな武器ですが、性能そのものは別物というか、剣モードは片手剣に近くなってますね。斧モードは大技が使える代わりに、更に隙が大きくなって使いこなすのが難しくなった感じ。

まずは剣モードで攻撃を当てて、ビンの色が黄か赤になったらチャージをすることで、そのビンを斧に装填するのが基本なんですね。そうすると斧モードで強力な攻撃が可能になり、そこから斧の強化、斧が強化された状態で更に剣の強化も可能。以後はその超サイヤ人状態を可能な限り維持するのが理想的と。

斧の刃は盾も兼ねているので、斧を強化すると剣モードでのガード性能も上がるのは良いですね。ランスやガンランスに匹敵するガード性能を自力で獲得出来るのは素晴らしい。おまけに剣を強化したら心眼も発動。持続時間は短めですが、どちらも強化された状態の剣モードはとても強いですね。移動斬りやステップもあるので、機動性もそこそこ。

対して斧モードは全体的なスピードは遅いものの、威力が非常に高くて気持ち良いですね。特に一度強化した後の大技をクリーンヒットさせた時は最高です。マグマヌスだと爆破属性値も高いので、そこそこ爆発も入るので場合によっては一方的にボコボコに出来ますし。

ただ斧の大技も剣の強化も、かなり技の時間が長くて隙だらけ。無理に狙うと大ダメージは避けられませんね。斧の大技は縦一閃なので当たらないことも多いし、ガードは剣モードでしか出来ないし抜刀ガードは不可能と、弱点も結構ある印象。間違いなく楽しい武器ですが、極めるのは並大抵ではないのでしょう。

せっかくなので、しばらくはチャージアックスを使い続けようと思います。

とりあえず実戦で慣れれば良いのだ

早速探索で少し使ってみて帰還すると、ゼノ・ジーヴァのフリークエストが出たので無謀にもマグマヌスを担いで奴の退治に赴きました。なんか任務の時より強い気がするんですが・・・

二回ともニ落ちしたものの、何とかクリア。素材も集まったので、胴・腕・脚の3つをゼノ・ジーヴァの防具に新調しました。防御力が一気に上がったのに加え、3つ以上装備で業物が発動というラスボスらしい優れもの。マグマヌスが会心マイナスなので無意味なものの、腕には超会心も付いていたりと、龍耐性こそ低いですがどの部位も非常に優秀な防具です。見た目は、その・・・ね。

とりあえずここまで装備が揃ったので、☆6のフリークエストを埋め始めましたが、やっぱりマグマヌスは最終系の武器だけあってか、爆破だけでなく単純な威力自体も高いおかげで10分前後で大体終わりますね。斬れ味は緑なので硬い部位こそ弾かれますが、硬くない部位を狙うか、剣を強化して心眼を発動して補うことも出来るので、知らずに作りましたがチャージアックスを選んで良かったです。