ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です! 9巻 感想&レビュー

お馴染み弐尉マルコ先生のガルパンのコミカライズ作品、「もっとらぶらぶ作戦です!」の9巻が発売。今回の表紙は待望の黒森峰となっております。裏表紙で表紙にならないネタをやっていたりもしましたがようやく表紙です。ネームドキャラは3人だけど固有の外見は多いんですよね。

今回はメロンブックスでいつものミニペコ目当てに購入。らぶらぶ時空のダー様、もとい聖グロ生達はあんだけ頭をぶつけてて大丈夫なんだろうか、色々な意味で。・・・いやもともとらぶらぶ時空のダー様は紅茶が好きな変な人ではありますが。てか今回、遂に「だー様」呼ばわりだし(汗

黒森峰(特に逸見エリカ)に定評のある弐尉マルコ先生

今回はいざ本を開いたら、いきなりまほの為にカレーを作ってる恋する乙女みたいなエリカがいて(しかもカラー)、次のページではみほに対して凄まじい鬼のような形相(これもカラー)になっていて、あまりの二段構えに腹を抱えて笑いました。まほの来訪を心待ちにしながらカレー鍋をかき混ぜてるエリカ・・・なんだお前は(汗 エリカレェ~って何じゃいw

2巻の頃には既にエリみほを描いてたり、今回も裏表紙にいるロリ逸見を確立させたりと、逸見エリカの扱いにはホント定評がある弐尉マルコ先生ですが、ここに来て新たにカレー作りキャラという属性まで増えるとは・・・今回、出てくる話全部でカレー作ってますからね。もはや、逸見エリカとは概念なのかもしれない。

連載初期の頃から忘れずに出番がある黒森峰モブガールズも今回は2話ほど登場。何だかんだでらぶらぶ内ではそこそこ出番があり、他の連載作品でもいたりする彼女達。そろそろ名前を付けてやっても良いんじゃなかろうか。特に劇場版で一応メンバーに入ってたヤクパン子さんくらいは。

その他、聖グロや継続、審判ズやアンツィオ等がメインの賑やかでワイワイしたお話が収録。長年の積み重ねもあり、1~8巻を読んでいると「あー、そんなこともあったなー」と思い出す場面もいくつかあったりしました。

次はいよいよガルパンコミック初の10巻

なんか見覚えのある次回予告。らぶらぶ作戦も次巻でいよいよ10巻の大台突入です。恐らくはBCのマリー達や謎の新キャラ等、最終章1話の内容に即した話も今後あることでしょう。