ガンダムバトルオペレーション2が出るので前作のことを振り返る(主に悪い点

昨日行われたソニーのカンファレンスで、

ガンダムバトルオペレーション2」が

PS4で2018年に出ると発表されました。

PVの限りでは前作に近いゲーム性と予想が

されますが、宇宙空間も映っていたので

地上戦オンリーでは無くなるのかもしれない。

前作はどんなゲームだったか

基本無料の対戦ゲームということで、

PS3で出た前作はサービス開始前から注目を

集め、当初の売上もかなりのものでした。

最大6vs6のモビルスーツ戦で、

重力に引かれた感じの重たい挙動、

機体のモデリングや自由なペイント、

パイロットも生身で戦う要素あり、

モビルスーツもマイナーなものや

ゲームオリジナル仕様の機体があったりと

評価出来る要素も多くありました。

自分も銀十字勲章を取る位には遊んでおり、

ザクタンクで暴れたり、ドム系で縦横無尽に

戦ったりしていましたが、サービス終了より

2年位前に引退することに。

何だかんだで、メタルギアオンライン2が

サービスを終了した後の穴埋めとして

やっていましたが、我慢の限界でした。

面白い所や良い所もありましたが、

対戦ゲームとしてどうしようもない所も

多かった為に最後まで遊べませんでした。

やる前から不利だったという理不尽

どういうわけか、サービスが終了するまで

相手側が身内で固めているのかを戦闘前に

確認する方法が皆無だった為、

始まってから相手が殆どor全員身内で

固まっていることが分かり、

野良チームの方が一方的にボコられる

というケースが多発していました。

当然これはユーザーからも改善要望が

再三にわたり上がっていましたが、

運営のそれに対する回答は

身内固めの相手と戦った際はその人数だけ

少しだけ貰える金が増えますと言う調整。

あまりに意識がかけ離れたものでした。

純粋に友達や仲間とわいわいやりたい、

という人も多かったとは思いますが、

戦績が昇格条件にも関わっていた為

勝つ為に手段を選ばなかった人達も

一定数存在していたのは事実。

しかも出撃は無料分が最大3回分しか

(少将から4回分になる)ストック出来ず、

それ以上は課金購入して出撃する仕様に

なっていたのも合わさり、

貴重な出撃エネルギーを使ってサンドバック

にされることも珍しくありませんでした。

勿論、野良でも連携することで身内固めの

部隊に勝利するケースもありましたが、

最大6vs6もの大人数で、地雷や荒らしを

抱えている可能性もある中で相手側だけが

ボイチャ等でより緊密な連携が可能なのか、

始める前に分からないのは酷過ぎます。

この点に嫌気が差して辞めてしまった人も

少なくは無いでしょう。

バランス<運営の自己満足

更にはサービスが後年になるまでは

連邦vsジオンしか出来なかったのですが、

異常に連邦機体の贔屓が過ぎていました。

まず一年戦争の機体しか無かった中で、

突然ガンプラとのコラボという形で

0083のGP01が追加されたわけですが

こいつが当時明らかな調整ミスの強さで

たった数週間で大規模に弱体化されました。

勿論、それまでの数週間ジオン側がどれだけ

冷え込んでいたかは言うまでもありません。

その後もガンキャノンⅡやジムキャノンⅡ

ペイルライダー・キャバルリー等、

射撃武器の威力調整が狂っていた機体は

常に連邦側に存在し続け、

機体のサイズも大きかったジオン側は

近づくことも難しく一方的に蹂躙される

酷い状況も多々ありました。

対してジオン側は前述の通りサイズが

大きく非常に被弾しやすい機体が主力で、

そんな中で使える機体も中々追加されず

意味の分からない不遇を強いられました。

そんな中でようやくガトー専用ゲルググが

新たな主力機になるかと思いきや、

パーツのスロットが殆ど拡張されない、

呆れを通り越す仕打ちをかまされたり。

陣営間のバランス取りを放棄していたのは

目に見えて明らかで、ずーっと不満でした。

やがてジオン側にも射撃が強力な機体が現れ、

それらが両軍軒並み調整を施された後に

陣営問わず機体を選んで出撃が可能な

混合戦が実装されましたが、遅すぎました。

これを最初からやっていれば、少なくとも

陣営の分かれた対戦をしない限りは

連邦ゲーなんて言われずに済んだでしょう。

尚、射撃が強いとばかり言ってますが、

格闘が強かったのは極一部の時期だけです。

やがて射撃の強力な支援機に有利属性の

格闘機すら、射撃が強力な機体や支援機体と

同じスキルを持つようになっていった点から

属性間のバランス調整もお察しください。

前作の不満点を改善出来るかに掛かっている

数年遊んだ個人的な感想としては、

楽しい時よりうんざりする時の方が

多かったのが悲しい思い出です。

最後まで遊び続けていた猛者は当然

2でも遊ぶことだろうとは思いますが、

前作での悪い部分のイメージを今でも

多くの人が覚えているのは事実。

もし前作で残り続けていた不満の声を

どうにも出来ないのであれば、

前作以上の盛り上がりを見せることなど

不可能でしょう。個人的には前述した

両軍と属性間のバランスや身内固め対策を

今度こそ改善することが出来れば、

多少の欠陥があろうとも対戦ゲーとして

再び息の長いサービスが出来るのではと

思います。

どうせなら面白く長く遊べるゲームが

出た方が良いに決まってますからね。