ガールズ&パンツァー リボンの武者 7巻 感想&レビュー

 

ガールズ&パンツァーの公式スピンオフ、「リボンの武者」の7巻が発売しました。

今回から、タンカスロンの大会こと「闇鍋(カルドロン)」が開始。しずかとこれまで一戦交えた高校は勿論、今回から本格登場の高校やチーム、他作品であるリトルアーミーやマジノ戦のキリマンジァロとエクレールまで参戦。

間違いなくリボンの武者始まって以来の最大の戦いが幕を開けました。ペコヒップvsヤイカは一旦置いといて、今回はアリサとまほに注目して紹介。

アリサ以外には務まらない

リボンの武者において、原作キャラの内何名かは特に重要な役柄を持っている。エリカにまほ、ダージリンは勿論のこと、個人的にはアリサもその一人だと思う。

気づけば解説役に付いていたアリサだが、そもそもアリサはしずかがタンカスロンで最初に戦った相手。その後もアリサはムカデさんチームの戦いを観戦し続け、他校の人間で最も鶴姫しずかを長い時間見てきたのは間違いなく彼女。

そんなアリサが再びしずかと戦うのも、しずかの本質を誰よりも早く理解し、彼女の軍師となるのも当然の流れと言える。むしろ、アリサしか適任はいないだろう。

まだまだ続く闇鍋の中で、アリサの存在がしずかにどんな影響をもたらすのか注目していきたい所。

怪奇、西住仮面

ジャージにマントに珍奇なマスクと、今までになく残念な美少女になっている西住仮面こと西住まほさんじゅうはっさい。

・・・とはいえ、それは見た目だけの話。別格の存在として描写されながらもこれまでリボンの武者で試合に臨むことは一度も無かったまほですが、いざ闇鍋が始まってみればアウンさん達を1vs5でボッコボコにしてしまった。

しかも持ち出したのは「あの」二号戦車。砲塔にバケツとか奇妙でしかないが、まほには幼少からの自分の足に等しい存在。彼女がこれに乗って負ける姿は想像出来ない。

それに、もう一人いるだろう搭乗員が一体誰なのかも分からないのが怪しい。

リボンの武者の最後の戦いは、しずかvs西住姉妹なんじゃないかと読み始めた頃から予想しているが、もしも二号の乗員が「彼女」であるならこの闇鍋編でそれがあり得るのかも。

まだまだ混沌は深まっていく

まだ一回戦が三戦終わっただけの闇鍋。敗者が勝者の参加に入るルール故、最終的には誰かと誰かが大将となって文字通りの総力戦になるだろうことは想像に難くありませんが、

果たして大将になる二名は誰なのか?その傘下はどんなメンバーなのか?

現状では予想が付きません。ヤイカvsしずかというのも、安直な予想過ぎて面白くないですし。

ここから更に盛り上がるだろう闇鍋編、今後も注目ですね。