夕闇通り探検隊 感想日記 番外⑥ ~バッドエンディング2種について~

さてさて、残りは100日目とED・・・の前に、100日目のバッドエンドを紹介。

バッドエンドその1

100日目、病室を訪れたナオとサンゴに突きつけられたのは、クルミがもう二度と目を覚まさないという事実でした。呪いなんてあるわけない、と力なく口にするナオの耳に、またあの声が聞こえてきました。

あと、100日で、誰か、死ぬ・・・

100日目には到達するものの、噂解決で加算される点数が不足したED。当時攻略情報を知らずに100日まで頑張って遊んだ人達の殆どは、きっとこれを見たのでしょうね。

この場合、前日の夜の共通イベントからスキップが出来なくなり、100日目はナオが何もせずに病院に行きます。これまでの噂解決の点数が足りない=自分に出来ることが分からない、ということなのでしょう。

最後にあの言葉が聞こえてくるのは、また100日頑張れというメタ的な意味と、呪いの正体を暴かずに終わった為にナオがまだ人面ガラスの正体を信じているので、人面ガラスが消えていないからなのでしょう。

ちなみにこちらでも探検結果は出るしクリアデータも保存出来るのですが、探検結果の画面がガード下になっています。

バッドエンド2

ナオは呪いを解く為に陽見を駆けたが、陽は沈んでしまった。目を覚まさないクルミを前にして、ナオは自分の無力さをただ嘆くばかりだった・・・

100日目に点数が足りていたけど、時間切れになってしまった場合。とはいえ、相当道に迷うか意図的に棒立ちにしない限り見れませんが。

こちらはカスカのいる交差点を背景に、ゲームオーバーの文字が出ます。ここまで来たら、後は呪いを解くだけ。これまでの散歩の記憶を辿り、もう一度陽見を駆け回りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする