夕闇通り探検隊 感想日記 その24 ~カプラス星人、交信中!~

公園の友達の噂

高架下の公園に、

宇宙人が住み着いたらしい。

クルミは同じ宇宙人として

おトイレ軍団に存在を教えられる。

これを含め、おトイレ軍団が噂の入手に

関わるものは、この辺りからサンゴより

クルミの方が多くなる不思議。

邪険にしながらも、おトイレ軍団が

クルミの扱いになれてきた感がある。

噂を確かめに行ってみると、

アンテナが大量に付いた段ボールハウス

を発見するも、肝心の宇宙人は不在。

翌日また行くと謎の男性と会うも、

行動も言動も電波過ぎて会話にならず。

というわけでクルミで会いに行くと、

妙に波長が合う二人。

しかしおっさんは、クルミのことを

カプラス星の王女ボン様だと発言する。

それをはじめとするおっさんの一方的な

言い分に、流石のクルミも帰ることに。

あのおっさんはキライだと、

珍しく検証中に他人への嫌悪感を

露わにするクルミ。更に高台へ行くと、

その電波なおっさんが宇宙と交信中で

宇宙船がやって来ると言い出す。

・・・が、いつまで経っても

宇宙船なんて来る筈も無く、

自分の世界に入ってしまった

おっさんを放置して、散歩は終了。

翌日公園に行ってみると、

あの珍妙なアンテナハウスも無くなり、

電波なおっさんも何処かへ消えました。

ただの電波

ただ単に電波なおっさんだったという

オチらしいオチもない話。

ただ自分の世界に浸っているだけで

人に危害を加えるわけでもない、

変ではあるが悪い人でもない

自称カプラス星人のおじさん。

しかしその変な状態が普通なのは、

やはり一般人からしたら異常ではある。

サンゴが最後の検証で言った、

「壊れるより慣れる方がもっと怖い」

というのは至極もっともな言葉。

一度慣れてしまうと、慣れる前に

戻ることは困難を極めます。

ちなみにこのおじさん、

後に「ヒトダマの噂」でも再登場。

変わらず元気に自分の世界で

楽しく生きてる様子を確認出来ます。