夕闇通り探検隊 感想日記 その⑳ ~勝手にボケ老人にするでねぇ~

今回の噂と「工事現場の噂」では、

ナオも含めて何人かの人間には

多少なりとも霊感があること、

サンゴには全く無いことなどが

改めて分かったりします。

散歩のおジイの噂

散歩しているお爺さんについて

話しているおトイレ軍団。

卵ボーロをポロポロ零すお爺さんで、

彼女達はお爺さんは死んだと言うが、

委員長は生きてるとサンゴを批難する。

果たして真相はどちらなのか、

サンゴは委員長と賭けをする。

情報が錯綜してはっきりしないので

白黒付けようという噂。

検証の開始時、サンゴはあらためて

自分のクラスも自分も腐っていると

言いますが、委員長のあの態度では

ムキになるのも仕方ないかと。

そして肝心のお爺さんの姿は

クルミで行くと姿を見れますが、

それを追いかける内に墓地に到着。

いつの間にやら商店街から駅北口の

裏にまで移動していたようですが、

ナオとサンゴはお爺さんを

見ておらず、クルミが見たのは

霊だった可能性が濃厚に。

検証する中で分かったのは、

亡くなったのは総菜屋のお爺さんで、

その長男が幼くして亡くなっており

その墓が今も駅北口にあること、

今の総菜屋の主人は次男で、

そしてお爺さんの散歩の理由は

家族すら知らなかったということ。

あとサンゴの家も惣菜屋のお得意様で、

サンジョウさんもよく行ってるようだ。

お爺さんも安心して成仏出来たでしょう

お爺さんは晩年も、そして死んでも尚、

長男のお参りに行っていたのが真相。

恐らく卵ボーロは、長男の好物でしょう。

家族ですらお墓のことを知らなかった為、

お参りを徘徊だと思われていたのでした。

その後惣菜屋の主人がお参りしたようで、

ナオ達が行った時にはお墓に

新しいお線香と卵ボーロが。

お爺さんも、そしてそこに眠る長男も

安心していることでしょう。

結果的に、お爺さんの生死に加え

そのまま忘れ去られていたであろう

惣菜屋に纏わる秘密という

二つの真相を明らかにした噂。

心霊現象ではありましたが、

心温まるお話でもありました。

委員長の反応が一番の注目点

ちなみに解決後に「その他の噂」から

この噂を選ぶと、それ以来委員長の様子が

おかしいことをサンゴから聞けます。

実際夏休みから、委員長はプールサイドに

いるんですが話し掛けても反応が無く、

この様子におトイレ軍団も参っていて

仲間割れが起きているのを見れます。

これ以後に学校パートで校舎裏にいる

サンジョウさんにナオで話すことで

詳細が判明するのですが、

どうやら委員長は夏休みに入る前に

手首を切って自殺未遂を起こした様子。

恐らくこの噂の検証期限が7/14なので、

そこから一週間以内のことのようです。

実際、プールサイドに座り込んでいる

委員長の手首には、包帯が巻かれてます。