夕闇通り探検隊 感想日記 その⑲ ~友達だと口で言うのは簡単だ~

そろそろ残り日数も1/3になる頃。

霊障は低く維持していますが、

バグを考えるとお参りは欠かせません。

ネコニエの噂

廊下で自分は人殺しになったと

言っている、いつになく変な様子のクメ。

一方、教室ではサンジョウが何かに

怒っていた。川の土手で瓶詰めにした

猫を発見したらしい・・・

丸で何かの生贄の儀式のようだ。

先ほど廊下で、クメはイケニエという

ワードを口にしていた。まさか・・・

ノリで口調が少し変わる時がある

サンジョウですが、この噂入手時は

一人称がおいらになってて面白い。

クメがまた呪術だのアホなことを

言い出してユアサを呪おうとして、

それにセガワが従わされた

というのが真相なのですが、

一方でこの噂、ナオも含めた彼らの

関係性や本音が見えてくるという

非常に中学生らしい内容で、

ゲームとは思えないほど

感情の機微を徹底させています。

クメ・ナオ・セガワの3人は

全員ユアサにいじめを受けており、

普段3人で一緒にいるシーンもあって

友人同士にも見えますが、

クメは無意識にナオやセガワを

自分より下に見ていた節がある。

セガワもまた悩み苦しんでおり、

終了前のナオとの電話だけでなく、

2日目の検証をサンゴで進めた際も

胸中の一部を垣間見れます。

更にナオも、軋轢を生まないように

相手に合わせて振舞ってることを

クメに対して打ち明けるなど、

普段中々出さない本心を見せます。

サンゴが「トカゲの手の噂」でも

友達は選べと忠告していましたが、

誰とでも仲良くなんて出来ないと

今回もナオに改めて忠告をします。

実際の所、3人はかなり歪な友人関係が

出来上がっていたのでしょう。

・・・そして、元凶のユアサ。

ナオからまたも怒気を向けられる等

自覚の無い屑っぷりを見せますが、

クメに少し怒鳴られナイフを向けられた

程度で逃げ出し、サンゴとクルミに

背中に罵声を浴びせられるという

これまでで一番の痴態を晒しました。

実際の学校での経験によって

プレイヤーの印象は変わるでしょうが、

自分はセガワの

被害者はもうウンザリなんだ

という言葉に非常に共感しました。

涙が出る位自分が情けなくても、

いじめを受けている側だって

やられっぱなしで良いはずありません。

例えクメの言いなりという形でも、

セガワはユアサへの反抗を試みた。

悪いことだと思っていないという

セガワの言葉は、真実その通りでしょう。

ユアサはどうしようもなく頭の足りん小物

正直言いまして、この噂を解決してから

ユアサが凄い哀れに見えてきました。

こいつのキャラクター像、簡潔に言うと

全く周りが見えてないアホ」ですね。

クメの言うとおり、ユアサの周りは

普段は太鼓持ちに加えて荒事に強そうな

ガタイの良い奴もいますが、

そいつらがいなくなった途端

威勢が良いだけのチビに早変わり。

普段いじめているはずのクメに、

ナイフを突きつけられただけで

脱兎の如く逃げ出す情けない様。

恐らく、ユアサは一人ではセガワを脅す

くらいしか出来ないんでしょうね。

それ以外は口の悪さしか残らない。

自分のしていることに自覚が無ければ、

周りから見放されている自覚も無い。

これを哀れと言わずして何と言う。

空気を読まず校舎裏にやってきて、

散々人をバカにしておきながら

自分が元凶である自覚がなく、

そしてナイフにビビッて逃げる。

この時のユアサこそ、

彼の真実の姿でしょう。

ナオとクメを可哀想とかほざきますが、

その実一番可哀想な存在ですね。

心霊現象は関わってい・・・る・・・?

ちなみにこの噂で一つ気になるものが。

塚里通りの森の入口前にあるゴミ袋、

クルミで調べると何かの魂が入った

死に掛けの猫と話せるんですが、

どうやら親猫らしく、子がいるようで。

この死に掛けの猫は、

ネコニエの噂の検証中以外でも

発見することが出来るんですが、

もしセガワが生贄に選んだ猫が

こいつの子どもだったら・・・?

しかも陽見には、守り神として

古くから猫神がいるわけで・・・

深読みし過ぎかもしれませんが、

不思議で溢れている陽見という町で

動物の命を弄ぶような真似、本当に

誰か死んでたんじゃないでしょうか。