コープスパーティー;娘 2巻 (旧ブログからの移設記事)

(記事作成日:2011.8.23)

人体模型、

長谷川姉妹、

そしてアッハァ!

ファン待望の数々の要素が、

ようやく描かれました。

ってことで、コープスパーティー;娘2巻

の書店特典はどちらも直美さん推し。

きっと作中での扱いがあれだから

ここらで直美さんファンに謝るために

こんな露骨なエロは流石の俺も初めてだ

1巻では篠原深雪が死亡、

中嶋直美も恐らく死亡?し、

篠崎・岸沼組が理科室に、

哲志・由香・直美組が

トイレを離れた所まで進みました。

今回はその続き、理科室から始まるわけですが・・・

もうね、酷い、色んな意味で。

だってこの単行本、開いた瞬間に

あゆみさんのケツのどアップが

目に飛び込んでくるんですよ?(汗

アライブ掲載時のカラーを

そのまま載せただけだけど、これは酷い。

人体模型くん、迫真の変態プレイ

で、理科室ではあゆみさんがボーボボばりの

悪人面をして良樹を押し倒したりして

二人でじゃれ合っている所に

みんな大好き人体模型さんが

僕も混ぜてよーと乱入。

あゆみさんに対して変態プレイを開始しました。

まず、襟を引っ張ります。

そして口を塞ぎ、床に押し倒します。

恐怖して逃げようとする所に

蝋を垂らして動きを止め、

パンツを脱がせます。

・・・おい、最後おかしいだろ(汗

けど事実なんですよねこれ。

しかもあゆみさんが必死に抑えてるのを

無理やりにでも脱がそうとして。、

パンツを綱代わりに綱引き状態。

人体さんに取り憑いた悪霊は間違いなく

性癖に問題があった男でしょう(汗

原作通りガスバーナーで

人体さんを燃やしましたが、

原作通り道連れにされかけます。

が、原作とは違い七星さんがいるので

助けてもらいました。

こっちの七星さんは生きてるのか

死んでるのかまだはっきりしませんが、

ちょっとレズビアンの気がありますね。

どいつもこいつも、そんなに

あゆみさんの尻が良いのですか?(汗

ゼロとアッハァ!

次に登場するは、ゼロの長谷川志穂。

元々は名も無き死体でしか無かった彼女が、

姉共々有志により名前と姿を与えられ、

それがRFとBCでの名札化による

半公式化を経て、娘で正式に登場したのは

感慨深いものがありますね。

志穂に関しては容姿に変更がありますが、

それでも二次創作が公式化というのは

嬉しいものです。

・・・そして、当時から語り継がれてきた

伝説の名セリフ「アッハァ!」を、

今回収録された分の話で拝む事が出来ます。

順番はイィイイイィイ!!→アッハァ!

と逆になりましたが、ここが描かれた

148Pから152Pは見物です。

と言うか、ここの為だけに

買っても良い位のインパクトが。

実に楽しそうに、涙まで流して

直美さんを解体するあゆみさん

2巻の真の主役と言っても良いでしょうw

あのキチっぷりをそのまま所か、

より悪化させてる辺りにこだわりを感じる。

そして展開が原作のまんま、

岸沼ボッシュートに繋がるのがもうww

ほぼ終盤ですがあと1巻残っています

篠原深雪と中嶋直美は死亡確定、

イレギュラーな七星さんの動向が未だ不明。

原作だと9割の部分が終わりながらも

2巻で完結はしませんでした。

果たしてここからどんな展開が

待ち受けているのか。
ちなみに今回のおまけは

「おっぱいリスト」という・・・

もう、どこへ向かっているのか

分からない描き下ろしです。

1巻で下着、2巻で乳、

じゃあ3巻では一体何かと言うと・・・

(3巻のレビューに続く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする